「硫黄入りの入浴剤」で毒ガス発生!? 一時期は生産中止も

硫黄入りの入浴剤 身近なモノを“混ぜる”ことで毒ガスが発生する“まさか”の事例を、化学界の専門家の方々に聞いてみた。

「恐ろしいのは酸性洗剤と硫黄を含む入浴剤の組み合わせです」

と指摘するのは、東京理科大国際火災科学研究科の松原美之教授。

「この二つが混ざると硫化水素が発生します。これは一時期、硫化水素自殺によく使われたため、硫黄入りの入浴剤の代表格であった商品が生産中止に追い込まれたほどです。高濃度で吸い込んだ場合、ほんの数呼吸で呼吸中枢が麻痺して失神、死に至らしめてしまうこともあるのです」

 硫化水素といえば、噴火口や硫黄泉などが発する「卵が腐ったような臭い」で知られる。それを感じたらキケンということなのか。

「よく『硫黄の臭い』と言いますが、硫黄はそもそも無臭で、これは硫化水素の臭いのことを指しているんですが、このガスには嗅覚を麻痺させる作用もあり、高濃度になると臭いを感じなくなるという性質があるんです」(サイエンス・ライターの川口友万氏)

 部屋を綺麗にしようとして毒ガス発生とはシャレにならないので、洗剤関係は裏の注意書きをキッチリ読んで使用したい。

【防災アドバイザー・中沢彰吾氏】
元毎日放送(MBS)アナウンサー、記者。勤務防災・環境をライフワークに、労働問題にも鋭く切り込むジャーナリスト。著書『中高年ブラック派遣』(講談社刊)

ー 日常に潜む[混ぜたらキケン]図鑑 ー

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中