男も“良い靴”を履けば人生が変わる。仕事、ライフスタイルにもたらす変化

「とびきりいい靴をはきなさい。いい靴は、はき主を素敵な場所に連れて行ってくれる」―― これは、神尾葉子作の人気少女マンガ『花より男子』に登場する名台詞だ。

 多くの女性の共感を得てきたこの言葉だが、良い靴が人を特別な場所に導いてくれるのは、女性に限ったことではない。男性でも、こだわった良い靴を履くことがその主を一段上のステージまで“歩かせる”ことになるのかもしれない。

◆あるCMプロデューサーの“無理をした”こだわり

 大手自動車メーカーや飲料メーカーのCM制作に携わるCMプロデューサー・横井秀光さん(31歳)は、「靴は、10歳以上年上の人とでも共通の話題になる」と話す。

CMプロデューサー・横井秀光さん横井「僕は職業柄、広告代理店のクリエイティブ・ディレクターや企業の宣伝部の方々など、10歳ほど年の離れた人たちとお会いすることが多くあります。30代後半から40代の方々ですね。良い靴を履いていると、そういった目上の経験豊富で仕事に厳しい人たちからも『おっ!』と言ってもらえるんです。そして、“靴”という共通の会話のネタができます。

 これが良い時計や良いクルマだと、『その歳で……』とイヤミになってしまう可能性もあるかもしれませんが、良い靴であれば、『無理して買ってるんですよ……』が通じるんですよね。実際僕、かなり無理して靴にお金かけてきましたから(笑)」

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=938515

 横井さんは、年に1回か2回、熟考をかさねたうえで新しい“いい値段”の靴を買うという。その自慢のコレクションを見せてもらったところ、“男なら誰もが憧れる”といわれるオールデンや、トムブラウン、そして“パーティー用”というエナメル輝くディオールなど、高級な革靴がずらりと並ぶ。

 さらにスニーカーも、クリスチャン・ルブタンやLANVIN(ランバン)など、一見するだけでこだわりを感じさせるものばかりだ。

横井「本当に財布に怒られながら買ってますよ……(笑) 少しでも安く手に入れたいので、スニーカーは中古品もいくつかあります。革靴の場合、カタチが前の所有者の足で出来上がってしまうので、中古は難しい……。だから買うときは、『絶対10年以上は大切にする!』と決意を固めてお金を払います」

 ここまで靴にこだわる横井さんだが、服に関しては、自身が学生時代にユニクロでアルバイトしていたこともあり、いわゆる“プチプラ”なものも好むという。

横井「ベタなことを言うと、“オシャレは足元から”なんです。全身ユニクロを着ていたとしても、良い靴さえ履けば全体は見事に締まる。それも、靴の大きな魅力だと思います」

◆良い靴がもたらす環境の変化

 横井さんは、“良い靴がもたらすもの”について、次のようにも語る。

横井「CMプロデューサーという仕事は、一言でいえば“営業”ともいえます。ただそれは、モノを売るわけではなく、『一緒に何か作りませんか?』という提案をさせていただくわけです。

 そのときに相手から見られるのは、経歴だけではありません。『この人とならいいものを作れそうだな』と思わせられるような“センス”や“価値観”、“こだわり”を伝えることも重要なんです。打ち合わせの場所にどんなお店を選ぶかのセンスもあるし、それこそ履いている靴から伝えられる価値観やこだわりもあるでしょう。

 そして、良い革靴を買えば、それに合った靴下や上下の服を着るようになるし、それは自然と身なりを整えることにも繋がります。あと、良い靴さえあれば、どんなお店にでも気負わずに行けるようになりますね。

 僕自身そうでしたが、靴にこだわるようになれば、ファッションからライフスタイルまで、買うまでは思いもしなかった自分の中での様々な価値観の変化がありますよ」

 横井さんの場合、職業柄、また私服で働くという環境もあり、“良い靴”という存在が仕事において大いにプラスになるようだ。

 ただし、「見た目からセンスや価値観を伝える」「身なりを整える」「行く場所の選択肢が広がる」というのは、結局のところスーツにおいてもあてはめられることであり、仕事とは関係なく生きるうえでも重要なこと。

 男性でも、いや男性だからこそ、ファッションは足元から選ぶべきなのかもしれない。 <取材・文/宇佐美連三>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中