地元民しか入らない“意識低い系”グルメをまわってみた

 今や、ネットスラングにとどまらずドラマ化されるほど社会的関心を集めている「意識高い系」。彼らのたまり場といえばWi-Fiでノマドワークできる「スタバ」を中心としたオシャレカフェ。

 だが、本稿で紹介するのは、そんなハイスペックなカフェサロンとは真逆の、地元の人に愛される大衆的雰囲気が漂う飲食店だ。いわば“意識低い系”のための憩いの場のような存在だ。

 いまでは希少となった、都内各エリアの「意識低い系」が多く集まることで有名な飲食店の様子をレポートしよう。

◆定食屋・I(浅草橋)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=955428

定食屋・I(浅草橋)

定食屋・I(浅草橋)……店外観。空いているのか、不安になる

 浅草橋の一角にあるこのお店。意気込んで訪ねたのはいいものの、暖簾も立て看板も仕舞われている。

定食屋・I(浅草橋)

テレビがよく観えるように、と奥さんが譲ってくれた席から

 が、店内からかすかにテレビの音が聞こえるし、人の気配もする。思い切って店内の斜めに掛かけられた暖簾をくぐり中に入ると、高齢のご夫婦が揃って夕方のニュースを観ている。

「すみません。今日ってもう終わっちゃいましたか?」
「いえいえ、いいですよ、どうぞどうぞ」

定食屋・I(浅草橋)「三色ライス」

お値段は1100円と少々高く感じるかもしれないが、ボリューム的にも大満足

 雨の日は基本休みで“客が来たら営業する”というスタイルなのかもしれない。人気メニューの「三色ライス」を注文。オムライスとハヤシライス、カレーが一度に味わえる贅沢な一皿だ。しっかりした味付けで、香の物やお味噌汁ともよく合う。

 ご主人は東京の街を撮り続けてきた写真家という有名人で、テレビに出たこともあるとか。調理を終え厨房から戻ってくると、左右の人差し指による不慣れなPC操作で、ネガフィルムのデータ化に勤しんでいた。

定食屋・I(浅草橋)

二階は夫婦の生活空間になっているのだろうか、洗濯物が見える

◆定食屋・F(武蔵浦和)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=965677

 武蔵浦和駅から徒歩5分のところにあるこの定食屋。

定食屋・F(武蔵浦和)

数多のスローガンが掲げられている

 何と言っても驚くべきはその外観。なんでも、向かいに建った高層建築に対抗し、少しでも目立つために今のような姿になったそう。

定食屋・F(武蔵浦和)

駅の方から歩いてくるとこう見える。「オカエリ」とは駅から帰宅してくる人たちに向けてのものだろうか

 その奇異な外観が裏目にでたためか、時刻は晩飯時だというのに、店主はひとり退屈そうに椅子に座り、片足をもう一脚の椅子に投げ出すリクライニングスタイルでテレビを観ている。

定食屋・F(武蔵浦和)

衣に醤油スープが染み込みコロッケ蕎麦のコロッケにも似た味わい。ラーメンをおかずに米を食べるのか、スープにぶち込むのが正解か

 ともあれ、『とんかつラーメン』なる料理をいただくことに。

 コロッケ蕎麦、カツカレー。どちらが店主の小粋なイノベーションのヒントになったのかは定かではないが、普通に美味しい醤油ラーメンに、普通に美味しいとんかつを乗っけたら、普通に美味しかったのだろう。建物の突飛な外観とは裏腹に、想像を裏切らない味わいが心地よい。

 お勘定は800円。金銭感覚は人それぞれだが「『とんかつラーメン』を食べるなら、だいたいこれくらいかな?」という、高くもなく安くもない納得のお値段と言える。

◆カレー屋・C(大久保)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=955430

カレー屋・C(大久保)

ご夫婦で切り盛り。オープン作業とクローズ作業の1時間合わせて一日最低8時間。これを週6でこなすとなると、早く閉める気持ちも十分に理解できる

 外観から個性的なこの店、特筆すべきはその営業時間だ。どんな事情があるかはわからないが、午前11時から午後5時までだという。

カレー屋・C(大久保)

夫婦2人で切り盛りしている

 お昼休みの時間が終わった直後に無事入店。店内はカウンター席が8席ほどで店内はほぼ満席状態になっている。

カレー屋・C(大久保) 牛すじカレー

牛すじカレー450円。らっきょと福神漬けも完備されている

 常連客とご主人の会話に聞き耳を立てつつ、注文した牛すじカレーは、ものの5分ほどで飲むように平らげてしまった。味は学食のカレーよりもごはんが進む濃い味わいだ。

 聞くと、最近ではルーがなくなるのが早くて「3時半でも厳しい」とか。やはりこの店、賑わっているようである。

カレー屋・C(大久保)◆中華屋・J(浅草)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=955450

中華屋・J(浅草)

店先には出前用の自転車や岡持、食材の箱などが雑然と置かれている

 今回の取材でもっとも繁盛していたこちらのお店。

中華屋・J(浅草)

恰幅のいい店主は一見いかついがニコニコとした接客

 ざっとメニューを眺めてみる。スーラータンメン、蟹玉丼、何を頼んでもハズレはなさそうだが、取材班は雲呑(ワンタン)麺をいただくことに。

中華屋・J(浅草)

雲呑も沢山入っており、醤油スープの味も◎。どこにでもありそうで、なかなかない素朴さだ

 ポスターだけのなんちゃって昭和レトロ店が溢れる昨今、このお店は真性の「昭和の街中華」と言えよう。地元の常連客はもちろん、遠方からわざわざ訪れる客が後を絶たないそうだ。

 見栄ばかりを気にして肩肘張る毎日に疲れてしまったら、こんなお店に足を運んでみてはいかがだろうか。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中