デモに「男女の出会い」があるって本当か?潜入調査してみた

 かつての安保闘争では、デモの帰りに男女が交歓するのは当然だったとか。安保法制をめぐる主義主張が街頭を騒がせていたピーク時に潜入調査を敢行。デモで出会いはあるのか? 政治的スタンスを抜きにして、査定した。

出会える[非ナンパ系スポット]潜入調査 まずは賛成デモ。男女比は8対2、40代以上が8割と出会うのは厳しそうだが、デモ中に女子小学生が「お腹減ったよ」と隣のパパにギブアップ宣言。それを聞いた周囲が笑うなど、意外にユルさが漂う。そんな空気も手伝ってか、女子大生と話す中年男性の姿も見受けられた。

 反対デモは、主催者側やビラ配りをしているメンバーには魅力的で若いコが多い。ただ、一般参加者全体を見渡すと男女比率は半々で、やはり中高年がメイン。しかも行進中はスローガンを叫ぶばかりで、参加者同士が話せる雰囲気ではない。

 大人数で真剣に打ち込む反対派よりも、少人数ながら多少ユルい空気の賛成派が出会いには向いているかも?

取材・文/加藤カジカ 野中ツトム(清談社)鼠入昌史(Office Ti+) 
― 出会える[非ナンパ系スポット]潜入調査 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中