「ローカル線で一人旅をする女性」は仲良くなりやすい!?

 乗り鉄といえば男の趣味。女子との出会いなんて皆無……と思いきや、最近は鉄子が増加したおかげか思わぬ幸せに浴することもあるという。乗り鉄中に女子との出会いを何度も経験したという鉄道ライターは次のように話す。

「ローカル線で一人旅を楽しむ女性」をナンパしてみた

イメージ写真/David Photo Studio

「18きっぷシーズンや秋の紅葉時期にはローカル線で一人旅を楽しむ女性の姿をよく見かけます。年齢層は20~30代くらい。ごく普通のOLや女子大生ばかりです。ガッツキすぎなければ、こちらから話し掛けても、嫌がられることはないでしょう」

 というわけで、出会いを求めて北海道の宗谷本線に乗ってみた。すると明らかな乗り鉄男子たちに交じって、2人ほど一人旅らしき女性の姿が。いずれも20代と思しき黒髪美女だ。さっそく、そのうちの一人に「一人で旅しているんですか?」と声を掛けてみるも、怪訝な顔で「結構です」とキッパリ。やはり、いかにもナンパっぽいノリはNGのようだ。

 ならば作戦変更。もう一人の女性と向き合うように座席を確保し、しばらく様子を窺っていると、彼女は車窓を楽しそうに眺めている。そこで今度は旅行に寄せて、「宗谷本線は初めてですか?」と話し掛けてみた。

 すると、「そうなんです。一度乗ってみたくて。何度も乗ってるんですか?」と警戒心ゼロのお返事。“男女”ではなく“旅を楽しむ者同士”の出会いを演出したほうがうまくいくようだ。こうなればあとはトントン拍子。車窓風景や沿線の観光地、さらにこれまで乗った列車の話まで会話は弾むばかり。最後にはお互い東京在住ということも聞き出して、連絡先のゲットにも成功! 鉄オタブームは出会いにも確実に影響していた。

 鉄道の知識も深ければ越したことはないが、前出の鉄道ライターによれば、近年はビギナーも増えているので、むしろ上から目線よりも好印象とのこと。

 遠方まで乗りに行くのはなかなかの手間でコストもかかるが、それだけの価値はありそう。この秋はローカル線ガールズに会いに行ってみては?

【出会いのコツ】
下心丸出しはNG! 旅を楽しむ前提で自然に話し掛けろ!

― 出会える[非ナンパ系スポット]潜入調査 ―

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中