文化系のオシャレ美人が集まる「写真教室」に潜入してみた

 新たな出会いの場を開拓すべく、潜入調査を敢行。今回はインスタグラムなどのSNSの発展もあり、文化系趣味の中でも特に女性人気が高い写真。以前、体験教室に参加した男性によれば、Facebookで友達になるくらいは楽勝だという。

「有名写真家が先生の教室に参加したときは、参加者の半分以上が女性。撮影した写真を講評するときに自然と喋れたし、終了後は先生主催の飲み会もありましたよ」

「カメラ女子」文化系のオシャレ美人多数

イメージ写真/дядечка с фотоапаратом

 そこで「ふんわりボケた写真の撮り方講座」「四季の花めぐり」という、女子が多そうな2つの教室に潜入してみることにした。

 まず都心の写真スタジオで開催された「ふんわり写真」の教室は、参加者8人中5人が女性。年齢は皆30前後で、ボーダーのカットソーを着ていたり、麻素材のゆったりした服を着ていたりと、オシャレな雰囲気の文化系美人ばかりだ。

 先生の説明中は特に会話もなかったが、自由に撮影できる時間になると自然と会話も発生。先生が「いいの撮れたね!」と褒めた人の元には「え、どんな写真ですか~?」と皆が近寄りワイワイと大盛り上がり。カメラ上級者の男性は、「すごーい!」「どうやって撮ったんですか?」と褒められまくり&質問攻めにあっていてモテモテ状態だった。

 そして2時間予定の教室は、なんと盛り上がりすぎて4時間まで延長して終了。最後に「撮った写真を共有しましょう」という話になり、終了後も写真共有サイトで交流を開始。そこでの会話では、「今度は飲み会もしよう」「撮影旅行に行きたい」なんて話まで出始めていた。

 なお参加者にはカメラ初心者もいるので、ハードルは低め。申し込みもネットでできるので簡単だ。参加費は2時間3000円程度のものが多く、簡単な撮影のコツも学べるので、スマホで日常的に写真を撮っている人なら出会い抜きでも楽しめそう。逆に写真に興味ゼロの人がナンパ目的で訪れると、浮く確率が高いだろう。

 なお郊外の公園で開催の「四季の花めぐり」は、若い女性に交じっておばあちゃんもいて、先生も年配の真面目な人だったため、特に参加者内での交流はナシ。若い先生が主催する若者好みしそうな教室を選ぶのが出会いへの近道といえよう。

【出会いのコツ】
普段からスマホで写真を撮影してスキルを上げろ!!

ー 出会える[非ナンパ系スポット]潜入調査 ー

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中