「エロいコがたくさんいる」と元SM嬢が証言。ナンパの穴場“アングラフェチイベント”

 元SM嬢の「エロいコがたくさんいる」という証言を基に潜入したのは某アングラフェチイベント。ボンデージ、緊縛、男装、露出、人体改造など、あらゆるフェチが集まるとのことだが……。

某アングラフェチイベント さっそく会場に足を踏み入れると、体は生身だが頭はダッチワイフのようなかぶり物、乳首や局部にテープを貼っただけでほぼ全裸など、噂通りの女性たちが。女性比率は3割ほどとあまり高くはないが、いずれもスタイルはよく、けっこうな美形が多い。これはなかなかの穴場か……?

 と思っていたのだが、セクシーなコに近づいて会話に耳を傾けると、実は女装した男だったというパターンが少なくない。会場内は薄暗いため、声を聞かなければぱっと見だけで性別を判断するのが難しいのだ。そう、このイベントはあらゆるフェチ好きが平等に集まる交流の場。そのため会場内にはふんどし姿のオッサン、TシャツGパンで亀甲縛りのオタク風、仕事終わりでスーツ姿のまま乗馬鞭を持ったサラリーマンまで、男のフェチが溢れていたのだ!

 しかし、エロいコが大量にいるのは間違いない。「ちょっとSMとかコスプレ好きなぐらいで変態面するヤツが一番腹立つんだよね。隅でおとなしくしてるほうがこっちもいろいろ“教えてあげよう”って気になるよ」とは先述の元SM嬢のアドバイス。そこでビールを飲みながら、周囲の雰囲気を窺っていると、ビキニの女性2人組に声を掛けられた。

「初めて来たんですけど、スゴいですね……」と初心者アピールをすると、「一人で来たの?」「さっきから顎触ってるけど、Mでしょ」など、微妙な言葉責めがスタート。やはり、よほど変態方面に振り切れていない限りは、低姿勢でいることが吉のようだ。

 コストは5000円以上、オールナイト開催と、ハードルは高いが、普通のナンパスポットや出会いでは満足できない諸兄にはオススメ!

【出会いのコツ】
ファッション変態は敬遠される。素直に好奇心を示すべし

― 出会える[非ナンパ系スポット]潜入調査 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中