“女目当て”で非モテ漫画家が「料理教室」に参加してみた

相席居酒屋、立ち呑み屋、ワンコインバー……いずれも定番の出会いスポットだが、今や集まるのはナンパ馴れした猛者ばかり。そこで、新たな出会いの場を開拓すべく、潜入調査を敢行した

◆非モテ漫画家・小田原ドラゴンの「料理教室潜入ルポ」

非モテ漫画家・小田原ドラゴンの「料理教室潜入ルポ」「お料理教室に潜入してきてください。ベーカリーカフェのコースでベーグルを作ってもらいます」

 それを聞いたとき、即座にこれはオッサンが行ってはいかんやつではないかと思った。

 いかにも若い女の好きそうなメニュー。こんなもんに行ったら、女目当てで行ってるのがバレバレではないか。女たちから訝しがられる自分が易々と想像できる。

 おれは一応、「将来移動カフェをやりたいから今回ベーグルを習いに来てる人」という設定を用意し、お料理教室に臨むことにした。

 しかし、おれの不安は杞憂に終わった。行ってみると、来てるのは40~60代くらいのおばはんばっかり! まあ、考えてみると、平日の昼間からこんな所に集まらなければならないのだから、当然と言えば当然か。

 が、よく見ると若いコもちらほらいる。おれの見たところ生徒約25人中3人はいたか。

 大学生っぽいのが2人。一人は小柄で小動物系。一人は出汁を取ったあとの篠崎愛といった感じで2人とも付き合うのに支障のないレベル。あとの一人は30前後のおっとり系。こちらも、こっちから積極的に口説いたりというのはないと思うが、己の44歳という年齢を考えたとき、「付き合って」と相手から言われれば付き合ったほうがいいだろうという、そのくらいのレベルではある。

 いかんせん、テーブルが違ったので話す機会もなく、連絡先などの交換もできなかったが、テーブルが同じなら、そのチャンスは大いにあったのではないかと思う。実際、ほかのテーブルでは、連絡先を交換していた人たちもいた。まあ、これは女同士ではあるが。

 おれたちが、何げなく目についたテーブルに座った、この最初の席選びこそが、最も重要であったのだ。

 あと、注目すべきは講師陣である。講師の女性も基本綺麗な女性なんで、料理好きを装って何度も受講し、講師と仲よくなる手もあるかな。

 まあ、口説いたりはしなくとも、何回も通ってれば女性に対するスキルは高められるのではと思った。 <文/小田原ドラゴン>

【小田原ドラゴン】
’70年、兵庫県生まれ。漫画家。ペンネームはブルースリーにあやかったもの。主な作品に『おやすみなさい。』『チェリーナイツ』『コギャル寿司』(文藝春秋漫画賞受賞)など

※写真はイメージです
― 出会える[非ナンパ系スポット]潜入調査 ―

チェリーナイツ 1巻

[Kindle版]

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中