“美女だらけのセクシーナイト”映画『みんな!エスパーだよ!』公開記念イベントに密着

 主演の染谷将太と鬼才・園子温監督の強力タッグで話題の『映画 みんな!エスパーだよ!』の公開を記念して、「美女だらけのセクシーナイト舞台挨拶」が都内の映画館で4回にわたって開催。今回は、映画をセクシーに彩った冨手麻妙、今野杏南、星名利華(13日)、そして星名美津紀(14日)の4人を直撃した。

みんな!エスパーだよ!

(写真左から)冨手麻妙、今野杏南、星名利華=13日・渋谷HUMAXシネマ

 撮影は園子温監督の故郷である愛知県の東三河で行われ、映画にはとにかく三河弁の台詞がバンバン登場する。本作を語るには欠かせない美女たちに、撮影時のエピソードから本人たちだけにしかわからない裏話までを聞いてみた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=941923

●冨手麻妙(とみて あみ/神谷秋子役)

みんな!エスパーだよ!

冨手麻妙

「台本をいただいて最初読んだときに標準語だったのが、初日に撮影があって映画の序盤で出てくる『私はこれからいろいろやらかす』っていう台詞のワンシーンを撮って、一日の撮影が終わったら『明日から三河弁になります』と言われて『え~!どうしよ~!』って戸惑ったんです。最初は男らしい性格だったのが、三河弁になったことで女らしくなって、最終的にはセクシーで可愛らしいキャラクターになったのかな? 大変でもあり、おもしろかった撮影でした!

 今日はチケットのもぎりをしたあとの舞台挨拶だったので、ステージ上から見るお客さん全員と1回くらいキスしたような違った気持ちで見えてちょっとドキドキしました(笑)。超能力だったら透視をしてみたいです! 内臓とか臓器が好きなので、実際エスパーのドラマ版で矢部君は、女性の胸が見たいのに内臓が見えちゃってる感じだったので、それを見てて『いいな~』と思ってました。

 今回はドラマ版を見たことがない方でも楽しめる内容で、男性向けのように思われるんですけど、実は自分の青春時代と重ね合わせて見たらいろんなことを思い出せるような物語になっています。友達でもいいし、まだ付き合ってない好きな女の子でもいいし、デートのときに見てもらいたい映画だなって思います」

●今野杏南(こんの あんな/三井ミツコ役)

みんな!エスパーだよ!

今野杏南

「クランクインして一日撮影したときは標準語だったのが、次の日からいきなり三河弁になって、三河弁ってイントネーションとかがすごい難しくて大変だなと思いましたね。みんな性格も明るいエロな感じなので、女の子がいっぱい水着になってエロくなってるのを見てるパワフルな現場で楽しかったです!

 わたしはテレパシーを使って人の心を見てみたいですね。嫌なこともあるかもしれないですけど覗いてみたいです。高校生のエッチな妄想だとか、エッチなことに振り切ってる作品なので、すごく刺激もあるし、もちろん笑いもあるし、男の人がすごい見たいって思う映画なんですけど、高校生のピュアな物語だとわたしは思うので、中学生や高校生はもちろんですが、ピュアな気持ちを思い出して欲しい大人の男性にも見てもらえたら嬉しいです」

●星名利華(ほしな りか/サヤ役)

みんな!エスパーだよ!

星名利華

「作品が明るいですし、撮影もすごく楽しめました。水着があるのを衣装合わせのときに知って『あ、ヤバい』と思って3kgくらい落としたんですよ。おっぱいも大きいほうじゃないので、どの角度で一番セクシーになるのか研究しましたね。

 ワンピースを着て豊橋のトヨッキーと触れ合うシーンがあるんですけど、抱きつくときにトヨッキーの手がわたしのスカートの下に思いっきり入ってパンチラするはずじゃないところでパンチラしちゃいました(笑)。超能力だったら、テレキネシスで遠くにある焼肉が浮かんでこっちに来たらいいなって思います。

 エスパーはパンチラだったりエッチな部分が強調されていますが、映画に関わる人の愛が詰まっているので、もちろんエッチなところも楽しんでほしいんですけど、エッチの先にあるものまで見てほしいし、愛の物語を感じてほしいです」

●星名美津紀(ほしな みづき/タエコ役)

みんな!エスパーだよ!

星名美津紀

「最初は緊張したんですけど、今野杏南さんとか清水あいりさんはグラビアで一緒にお仕事をしたことがあったので安心できたし、共演者のみなさんが優しい方ばかりだったので緊張も半日くらいで解けちゃって、楽しく撮影ができました。真っ昼間から商店街を水着で歩いて、あそこの現場だけは、はちゃめちゃでした!地元のおじいちゃんやおばあちゃんはビックリしてましたね(笑)。

 超能力が使えるならテレポーテーションがいいです! 移動するのって面倒くさいじゃないですか。単純なんですけど、すぐその場にいけたらいいなって。映画の中だと服はついてこないんですけど、服はちゃんとついて来てほしい(笑)。

 今野さんと一緒に商店街でいろんな人を魅了させてるシーンがあるんですけど、3回とも『取材中だに』って言ってるので注目してほしいです。自分じゃない自分を演じるのは楽しいので、もっと演技にも挑戦していきたいです!」

 当日は、映画館の入場時にセクシー衣装に身を包んだ彼女たちが来場者のチケットを直接もぎったり、入場者プレゼントのポストカードが手渡されたりした。その後は舞台挨拶に登場し、撮影の裏話やエピソードトークを披露。

 そして劇中に出てくる色っぽい三河弁の“エッチな台詞”を再現し、恥ずかしがって思わずうつむく来場者も。最後にはじゃんけん大会で登壇者のサイン入りTENGAがセクシー美女からプレゼントされるなど、充実の内容となっていた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=941909

●映画 みんな!エスパーだよ!
http://esper-movie.gaga.ne.jp/

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/西田周平(24dakun)北村篤裕>

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中