局所的ブームを呼んだ謎の生物「ネッコロ」の生みの親を直撃

 頭からは草を生やし、股間には立派なじゃがいも。くびから下は根っこのネコと根っこが合体した謎の生物……。全国各地に乱立する無難にかわいいキャラクターたちとは一線を画す、「ネッコロ」をご存じだろうか。

局所的ブームを呼んだ謎の生物「ネッコロ」 念のため説明すると、キャラクター化を手がけたのは、漫画家の中川いさみさん。『少年サンデーS増刊』『月刊スピリッツ』『コロコロイチバン』『月刊フラワーズ』など小学館漫画誌7誌での横断連載に加え、グッズ展開、実写TV化と、クロスメディア展開。そのキモかわいさというか、シュールさで、局所的なブームとなっている。

青年誌に連載された物語を収録した『ネッコロCOMIC』

青年誌に連載された物語を収録した『ネッコロCOMIC』

 そして、ついに9月18日に、マンガ『ネッコロCOMIC』DVD『ネッコロTV ~無修正版~』が同時発売! 生みの親である中川いさみさんに話を聞いた。

――ネッコロは、どういう経緯で誕生したのでしょうか?

中川:もともとは、僕と小学館のマンガ雑誌『月刊IKKI』編集部の3人で結成したバンド「ストラト☆ダンサーズ」のPRのためというか……バンド活動を盛り上げるための会議中に偶然できたキャラクターなんです。

――今回、DVD化された、2015年11月~2016年3月末までTOKYO MXで放送された『ネッコロTV』は、第一回でチーバくん(千葉県)とバトミントンや卓球で対決。キャラの対決モノかと思いきや、戸越銀次郎(戸越銀座)と商店街でビールとコロッケを食べるだけだったり。

 平成も25年が経った現在では考えられない、衝撃のゆるさでした。


DVD『ネッコロTV ~無修正版~』

チーバくん(千葉県)やトリピー(鳥取県)など、総勢36キャラが登場!

中川:最近は少ないですけど、昔はこうしたゆるい番組は、たくさんありましたよね。一応、全国のご当地キャラに会いに行くという大きなテーマはあるんですが、とくに意味とか目的とかあるわけでもなくて。

 途中から、『ネッコロTV』のあとにアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』がスタートして、早めにチャンネルを合わせた艦コレファンが見てくれて、話題にしてくれ、視聴率もあがりラッキーでした。

――二次元のキャラが立体になったときのギャップはゆるキャラの楽しみ方ではありますが、三次元のネッコロは、くびから下の人間感やからだからチョロチョロと生えている根毛など、類をみない強烈なインパクトです

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=939076

DVDはモザイクが外された「無修正版」となる

DVDはモザイクが外された「無修正版」となる

中川:地方に行くと、子供たちが集まってくるのは集まってくるんですよ。でも、ぜったいに抱きついてこない。遠巻きに見ていていて、お母さんがたが、近づこうとする子供を「やめなさい」って小声で止めたり。

 でも、そもそも、着ぐるみにすることを想定してなかったんですよ。しかも、からだ部分をつくる予算がなくて。

 でも、ひとつ、いいことがあって、ネッコロは温泉に入れるんですよ。

――温泉に入れる着ぐるみ……新しいです。

中川:からだは洗濯もできますので、衛生的です。

釣り堀でねっころがるネッコロ

釣り堀でねっころがるネッコロ

――なるほど。しかし、目下、投票が行われている『ゆるキャラグランプリ2015』では、ネッコロ、930位(9月15日現在)と厳しい状況のようです……。

中川:まあ、ネッコロの出生地は「神保町」となってますが、ご当地キャラでもないですし、ほかの自治体とは気合いの入りかたが違いますから。小学館が組織票を動かしてくれれば、もう少しランキングもあがるんでしょうけど……というか、ずっとつめたいんですよ! キャラクターといえばイベントを盛り上げる存在じゃないですか? それなのに、昨年末、コミック編集部の全体の忘年会には「出てくんな」くらいの扱いで、ようやく、呼ばれたのは三次会ですよ、三次会! 全然、バックアップがないんですよねえ……。

ひなたぼっこをして、光合成をするネッコロ

ひなたぼっこをして、光合成をするネッコロ

 ネッコロから感じる、そこはかとない陰はその孤独ゆえ!? 「ゆるキャラ」という言葉の生みの親であるみうらじゅん氏をして、「発展途上キャラ」と言わしめたネッコロ。全国のキャラクターに「ゆるさ」が失われて久しい今だから、その存在が際立つのかも、しれない根!

(c)中川いさみ/小学館

9月19日(土)、コミック、DVD同時発売記念のイベント開催!
・13:30~ 秋葉原・サンクス秋葉原ラジオ会館店(出演:ネッコロ、橋本真帆)
・17:00~ 渋谷・ヴィレッジヴァンガードFREAKS渋谷パルコ店(出演:ネッコロ、中川いさみ)
詳細はネッコロの公式サイトにて⇒ネッコロ加速研究所HP:http://www.nekkoro.jp/

ツイッター:@nekkoro1(ネッコロ心の声)@nekkoro2(ネッコロ情報)
FB:Nekkoro

〈取材・文/小山武蔵〉

『ネッコロCOMIC (少年サンデーコミックス)  中川いさみ』

6誌に連載された中川いさみさんによるコミックのうち、青年誌に連載された物語を収録。

DVD『ネッコロTV~無修正バージョン~ 』

TVではモザイクがかけられていた股間のじゃがいもや、頭がもげた放送事故シーンも全部、見れちゃう“無修正バージョン”。中川いさみ作詞作曲の「ネッコロのうた」のプロモーションアニメムービーも収録。

『ネッコロのいるくらし』

ネッコロ加速研究所 (編集), 植本 一子 中川 いさみ ネッコロのグラビアから、ネッコロの飼い方、その歴史などを写真やイラストを交えて大紹介。

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中