女のコの“ハロウィンコスプレ”鑑賞スポット。初参加でも楽しめる街は?【いまさらハロウィン入門】

 かつて子どものイベントとされていたハロウィン。だが、近年はスーパーやデパートにも進出して商業化され、渋谷や六本木など都心の繁華街ではコスプレをしたリア充の若者が街を闊歩する日となっている。

 そんなイケてるイベントと化したハロウィンだが、今年初参加の「後発組」でも楽しめる方法を紹介しよう。

◆街に繰り出して女のコのコスプレ鑑賞

ハロウィン入門。女のコのコスプレ鑑賞 可愛いコスプレを見たいなら、やはり渋谷と六本木が定番。クラブイベントをはしごする女性たちはしっかり飲めて踊れるよう、コスプレは動きやすさベースで適度にかわいい域で押さえている。初心者がこれらの街に紛れ込んでも違和感は持たれず、目の保養になる。

 一方、本格的な仮装コンテストを開催している神奈川県の川崎駅付近になると、歩いている人々が女性かどうかの判別が不可能なほど本気の猛者が集まるので敷居が高い。初心者は避けておいたほうがよいだろう。

 意外な穴場は、昼間の池袋だ。普段から10代後半の若年層を中心にコスプレの街として知られる池袋は、当然ハロウィンイベントにも気合いが入る。だが、他の街に比べると露出の高い女性は少ない。

 コスプレ慣れしている彼女たちは写真撮影に応じてくれる確率が高い。一人で行動する場合、池袋はダントツでおすすめだ。

◆料理イベントに参加する

 混み合うハロウィンイベントは嫌だという人には、食を楽しむという手段もある。

 クリスマスを控えたこの季節の料理教室は、「彼に料理を作ってあげたい」という若い女性たちで溢れ返っている。また、ハロウィンにかこつけた「料理教室コン」も都内を中心に開催されている。ハロウィンという行事に任せて女性と知り合える絶好の機会なのだ。

料理教室コン こうした初心者の作法を覚えておけば、今年のハロウィンは一味違ったものになることだろう。 <文/日刊SPA!取材班>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中