ゴキブリが耳の中で産卵し26匹を摘出! 中国にいる「害虫の生命力」がハンパない

 グロテスクなニュースに中国全土が戦慄した。『河北在線網』(8月26日付)によると、広東省東莞市に住む19歳の男性が、耳の痛みを覚えて病院へ行ったところ、なんと耳の中に26匹のゴキブリが生息していたのだ。担当医によると、1匹の親ゴキブリが耳の中に侵入し、そこで子を産んで増殖したとみられる。すぐさま、ゴキブリを耳から掻き出す処置が行われたが、手遅れになれば聴力を失う危険もあったという。

ゴキブリが耳の中で産卵し26匹を摘出! 耐性のついた人喰い害虫が人民に襲いかかる

殺虫剤の効かないゴキブリが中国にはウヨウヨいる(写真はイメージです)

 そして、この1週間後にも、浙江省金華市で男性の耳の内部から生きたゴキブリを摘出する医療処置が行われている(『銭江晩報』9月2日付)。

 聞くもおぞましいこうした事件の背景には、中国のゴキブリのハンパない生命力がある。東莞市のメーカー勤務・高島功夫さん(仮名・38歳)は言う。

「前に住んでいたマンションで、風呂の排水口の中にヤツらが生息しているのを発見し、熱湯をかけたり殺虫剤を噴霧したりしたんですが、それでも全滅しなかった。ホウ酸団子も作ってしかけましたが、きれいに完食してさらに生きながらえた。確実に殺すには叩き潰すしかなく、まるでゾンビと格闘しているようなもの。白旗を揚げて引っ越すしかなかった」

 ゴキブリ強靭化の理由について、中国人ジャーナリストの周来友氏はこう話す。

「中国では、毒餃子事件で有名になったメタミドホスを代表として、日本や諸外国で認められていない毒性の強い殺虫剤が長らく使われてきた。そんななか、中国のゴキブリは鍛えられ、殺虫剤に対し強い耐性を持つようになった。ところが、最近は国際的批判もあって、市販の殺虫剤はかなりマイルドになり結果的に、中国のゴキブリに威力を発揮できなくなった。また、昔の中国人はゴキブリを素手で叩き潰していたが、最近の都会人は逆にゴキブリから逃げ惑うありさまです。ゴキブリは、人間に対して大胆になってきている」

 害虫の強靭化はゴキブリだけではない。『新京報』(7月9日付)によると、中国の蚊は海外の蚊に比べ、殺虫剤に対する耐性が強い可能性があることが南京市疾病コントロール・予防センターの調べで明らかになったという。

 重慶市在住の自営業・砂川孝昌さん(仮名・49歳)も話す。

「日本から持ち込んだ蚊よけスプレーは、中国ではほどんど効かなかった。日本のものより強力な、中国産の蚊取り線香も試しましたが、人が先にぶっ倒れるくらいたかなければ、効果はなかった。結果、寝るときはいつも蚊帳を使っていましたね」

 中国で繁殖するスーパー害虫の一部には、海を越えて日本に上陸するものも。上海市の日系企業に勤める安達美香子さん(仮名・26歳)はこう証言する。

「日本に一時帰国した際、実家の台所にあるスパイス類が入った小瓶すべてに小さな赤い虫が湧いていた。よく見ると、それは私が住んでいる中国のマンションの米びつに以前湧いたことのある虫だった。私の衣服や荷物に付着して海を渡ってきたんでしょうか……。すごい繁殖力です」

 耐性のついた害虫がやがて人間に襲いかかる……ハリウッド映画さながらの世界が中国では現実に起こりつつある。

<取材・文/奥窪優木>

週刊SPA!連載 【中華人民毒報
行くのはコワいけど覗き見したい――驚愕情報を現地から即出し

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中