秋冬にお金をかけずに「おしゃれに見せる」3つの方法

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第44回目をよろしくお願いします。

 秋冬に洋服を新調しようとすると、お金がすっ飛びます。コートにニットにマフラー……秋冬のアパレル業界はここぞとばかりに顧客からお金を搾取しようとします。そこで今回はなるべくお金をかけずに秋冬を乗り切るヒントを3つお教えしましょう。

その①「勝負服は1コーデで十分!」

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 多くの消費者は「同じものばかり着ていると思われるのでは?」と、洋服のバリエーションを増やそうとします。多くのサラリーマンにとって街着は土日だけ着るものです。休日すべて外出したとしても、せいぜい10日やそこらです。そこまで「バリエーション」を求める必要があるのでしょうか?

 また、バリエーションを増やすほど「大して気に入っていないコーディネート」を着るはめになります。「一番のお気に入りコーディネート」があなたを100%美しく見せるものだとすると……二番手、三番手のコーディネートはあなたの魅力を8割、7割ほどしか発揮できていない可能性があります。バリエーションを増やすことは結構ですが、バリエーションをつくればつくるほどあなたの魅力を損っている可能性を意識しなければなりません。

 意外かもしれませんが、おしゃれな人はいつも同じような服ばかり着ています。周りにいるおしゃれな人を想像してみてください。いつもスタイルが決まっている人が多くありませんか? それは「自分をおしゃれに見せたい」という気持ちが強いからにほかなりません。妥協したくない、いつも100%でありたい、と思うからこそ、「そのシーズンで一番カッコいいスタイル」をついつい何度も着てしまうのです。

「ニットは3、4枚なくちゃ……」「アウターは1枚じゃ困るよな……」と思うかもしれませんが、ニットなんて平日クリーニングに出せば土曜の朝に受け取れますし、アウターはストールなどの小物で表情をいくらでも変えられます。「バリエーション」よりも「最強の組み合わせを一つ」持つほうが、お金もかからないうえに、「おしゃれに見せる」ことができるのです。

その②「10~20代向けの格安ショップで購入」

 イオンモールなどに入っている格安店の前を通ると「おっ意外といけるかも……だけど、どう見てもオレ浮いているよな……」と及び腰になってしまう30代以上の男性は多いでしょう。私もそうなのですが、まったく心配しなくてOKです。

 よほどデザインが入っているものならともかく、おおむねベーシックな洋服に「若い人向け」も「中年向け」もありません。シンプルな細身パンツ、無地のニットなど形がよくて安ければ若い人が着ようが中年男性が着ようが関係ありません。

 それに逆をいえば「中年向け」の洋服はやたらと質を重視して値段がいたずらに高いものばかり。「年をとったからいいものを」「一生着られるいいものを」とメーカーは考えているのかもしれませんが、大きなお世話です。富豪じゃないので、いいものは「たまに」で十分。安くて使えるものを当たり前のように使うべきです。

 たとえば、レイジブルーなど10代、20代向けの格安ショップであっても、目を見張る良品は多くあります。というのも、男性は年をとればとるほどおしゃれの需要が減ってしまうので、市場規模は10代20代が一番大きく、つまり、格安な良品は規模が大きい「若者向け市場」に生まれやすいのです。

 もし仮に、お店に入りにくいのであれば通販を活用しましょう。今の通販(ZOZOTOWNなど)はほぼ返品可能です。送料すら負担してくれるところもあります。送料が数百円程度であれば、買い物に行く交通費程度の負担にしかなりません。試着感覚でガンガン注文して、気に入らなかったらガンガン返品すればいいのです。

その③「お直しを活用する」

 自分の手持ちの服で「これは形がちょっと古いかなあ……」「もうちょっと着丈が短ければなあ……」と思うものありませんか? そういったものをお直し屋さんで少しいじるだけでも印象は激変します。たとえば、手持ちのスラックスやパンツであれば「裾を1、2cm」詰めるだけでシルエットは大きく変わり、今っぽくなります。

見慣れたリーバイスのGジャンも細みにお直しすると見違えます

見慣れたリーバイスのGジャンも細みにお直しすると見違えます

 ジャケットやブルゾンなら「袖を1、2cm」細くするだけでも急にカッコよく見えます。一番簡単なのは「お気に入りの洋服」と「直したい洋服」を一緒にお直し屋さんに持ち込んで、「この形が気に入っているので、これに近く直してみてください」と伝えることです。見本を提示することでお直し屋さんに具体的にイメージさせることができるので話が早いです。1000~2000円から印象を変えることもできるのでぜひ一度お直し屋さんに相談に行ってみてください。慣れると最小限のお金で最大限の満足を得られます。

 いかがでしたでしょうか、お金を使わずに秋冬を乗り切る3つのヒント。ちなみに私が配信するメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」ではユニクロでおしゃれになる企画「ファストファッション・マストバイ」なども記載しています。そちらもお金をなるべく使わずにおしゃれになる手法です。興味があればぜひご登録を。10月8日(木)には、新刊『最速でおしゃれに見せる方法』の発売記念トーク&サイン会を開催いたしますので、こちらもどうそよろしくお願いします!〈文/MB〉

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 9月17日に初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』を扶桑社より発売

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中