ヤブ医者を超えた…スピリチュアル系(?)医師にご用心

病院「診察の際、熱があって喉が痛いと伝えたところ、下された診察結果はデング熱でした」

 昨年、東京を襲ったデング熱パニックの最中、唐突に下された診察に驚きを隠せなかったという会社員のKさん(39歳)。

「保育園のママ友に風邪が長引いて~と話したら『●●医院の先生は漢方を処方してくれるから、行ってみたら』と言うので行ったんですが、とにかくトンデモの連続だった」

 問診票を診た医師は、手をKさんの頭上でかざしながら“気”を測りながら診察を始めたという。

「手をフラフラさせながら、寝不足! ストレス! とかブツブツ言いながら、いろんな漢方みたいな粉が入った小瓶を握らせ、ウンウン! これこれ! と納得しながら手の脈を測り始め、いきなり『デング熱です!』って言われて、もう、ポカ~ンですよ」

 だが、デング熱は蚊を媒介として感染するのでは……とKさんが問うと医師は突然“陰謀論”を語り始めたという。

「デング熱は蚊に刺されなくても感染するって言い始め、だって、テレビじゃ……とツッコミを入れようとしたらおもむろに手帳を取り出して僕に見せたんです。そこには診察券番号と名前がびっしり。先生は得意気に『これ、ウチに来たデング熱の患者さん』って。それからは保健所は本当のことを隠しているだの、オレはそういう連中と戦っているだの、変な陰謀論を語り始めて、手帳の最後に僕の名前を書き込み、デング熱に効くという漢方薬を大量に処方されました」

 帰りがけ、不安になったKさんは受付の女性にこう聞いた。

「先生、大丈夫ですか?」

 すると苦虫を噛み潰したような顔で「ええ……」と返されたという。

「こりゃダメだと思って、近くにあった別の病院に飛び込んで、一連の出来事を先生に話したら『デング熱? はぁ……またあの先生ですか』って呆れていました」

 その後、処方された薬が効いたのか、熱も喉の痛みも数日で引いたKさん。しかし、ママ友から「漢方効いたでしょ?」と聞かれて、なかなか本当のことが言えず今でも頭を悩ましているという。

※9/29発売の週刊SPA!では、「急増する[ヤブ医者]から身を守る方法」という特集を掲載中

※写真はイメージです
<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!10/6号(9/29発売)

表紙の人/ 小松菜奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中