「激安中古ベンツを売っている店はすべて極悪系」は本当なのか?

フォルクスワーゲンを抑えて上半期輸入車新車販売台数1位だったメルセデス・ベンツ。Aクラスをはじめ、兄弟車のCLA、GLAなど庶民派モデルを続々と投入し、日本市場を席捲中です。しかし、そんな最新庶民派ベンツよりもイバリが効くのが、激安中古ベンツ。予算100万円台で選り取り見取りなんですが、素人が手を出しても大丈夫なんでしょうか?

激安中古ベンツを売っている店はすべて極悪系は本当なのか?MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi

◆激安中古ベンツを売っている店はすべて極悪系は本当なのか?

 現在、激安中古BMWを愛車とする私だが、先日、旧知のカメラマン・茂呂幸正氏がピカピカの中古ベンツに乗って現れ、それがたったの198万円だったと聞いて衝撃を受けた。

 中古ベンツは中古BMWに負けず劣らず安い。特にSクラスなどバカデカセダン系は猛烈に値落ちが激しいことで有名だが、Eクラスあたりでも、ビカもんがこんなに安く手に入るのか!

 さっそくサイトを検索したが、正規ディーラーの中古車センターはお値段の高いタマばかり。300万円を超える中古車にロマンはない。やはり男のロマンは激安系である。

 が、ここで問題が立ちはだかる。

「激安中古ベンツを売っている店はすべて極悪系」という都市伝説だ。

 思えば十数年前に取材した中古ベンツ専門店は、店員が完全にヤクザだった。白シャツのボタンを胸まではだけ、眉毛はなく髪はパンチ。ああいった店はまだ存在するのか?

「いえ、ネットの普及により、極悪店はほとんどなくなりましたね」

 そう語るのは、輸入中古車研究家の伊達軍曹である。

「もちろん極悪店の流れを汲む店は多数残っていますが、昔ながらの商売のやり方ではすぐ炎上してしまい、大手中古車サイトにも広告掲載を拒否されますので、やり方を変えざるを得なかったのであります」(軍曹)

 具体的には?

「かつては、架空の激安目玉商品で客を釣り、店に来たら『売れちゃったんです』と一ケタ高いボロベンツを売りつけ、クレームが来ても『ムリだね』、『そこまで対応できないよ』などと言い逃れ続けて相手が諦めるのを待つという手法でしたが、今は全般にまともになりました。何よりの追い風は、最近のベンツは滅多に故障しなくなって、あまり整備の必要がなくなったことでしょう」

 ベンツが最後に壊れまくったのは’03年式あたりから3年間ほど。急速に電子制御化を進めすぎて故障が頻発、リコールも連発したが、反省して元に戻してからは急速に品質が向上した。’07年式あたりからなら、店員の見た目が極悪でも、国産車感覚で買えるのである!(たぶん)

 というわけで訪れた激安系の某店。店内の飾り付けはドンキ系、店員はエグザイル系だが、クルマには問題なさそうだ。

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=950542

次ページ日本最安値、129万円のGクラス

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中