中古ベンツEクラスは走行距離20万km超でも問題なし!

フォルクスワーゲンを抑えて上半期輸入車新車販売台数1位だったメルセデス・ベンツ。Aクラスをはじめ、兄弟車のCLA、GLAなど庶民派モデルを続々と投入し、日本市場を席捲中です。しかし、そんな最新庶民派ベンツよりもイバリが効くのが、激安中古ベンツ。予算100万円台で選り取り見取りなんですが、素人が手を出しても大丈夫なんでしょうか?

◆中古Eクラスで22万㎞も問題なし!

 私が買ったのは、’08年式のE250ステーションワゴンで、購入時の走行距離は4.7万㎞。ヤナセブランドスクエアで198万円でした。ヤナセブランドスクエアは正規ディーラー系なので、本来こんなに安い値段のEクラスは、店頭に並ぶことはあまりありません。私の場合は、知り合いに頼んだら出てきた掘り出し物なんです。

激安中古ベンツを売っている店はすべて極悪系は本当なのか? 中古ベンツはこれで2台目。1台目の先代Eクラス・ステーションワゴンは、仕事で日本全国を走り回り22万㎞も乗りましたけど、最後までヤレは少なかったです。車検費用が15万円から20万円かかるぐらいで、国産車よりちょっと高いくらいでしょうか。(茂呂幸正)

― 激安中古ベンツを売っている店はすべて極悪系は本当なのか? ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中