婚活アプリで“ヤリ目”女を探していたら、本当の恋に出会ってしまった男

 真剣に結婚相手を探す場として注目をあつめる婚活アプリ。だが、中には「ヤリ目」で女性たちにアプローチする不届き者も存在する。複数の婚活アプリを使い、何人もの女性を喰ってきたというYさん(28歳・営業)もその一人だ。

婚活アプリ退会者に聞く「ヤリ目女を探していたら本当の恋に出会ってしまいました」 だが、彼は先日アプリ本来の使い方を実践し、婚活アプリを退会するに至った。ここで知り合った女性と真剣交際を始めたからだ。なぜ、婚活女性を狙ったセフレ探しをやめ、真剣交際に至ることになったのだろうか。

 そこには、婚活女性も見習うべき婚活アプリを使う上でのコツが隠されていた。

「もともと、アプリで恋人をつくるつもりは微塵もありませんでしたよ。でも、ここで本当に恋人をつくってしまった理由は、相手の属性のギャップにあったと思います」(Yさん)

 これまで、Yさんはわかりやすい属性の女性をヤリ目の相手に選んできた。

「看護師や保育士、シングルマザーなど、わかりやすい属性をもっている女性は、我々ナンパ師から『量産型ヤリ捨て女』と見なされてターゲットにされがちです。が、仮に会ってみてマニアックな趣味を持っていると『ほかの女性とは違う』となって雑な扱いはできなくなるんです。たとえば、『メタルが好き』『城巡りが趣味』とかそういうのです」(Yさん)

婚活アプリ退会者に聞く「ヤリ目女を探していたら本当の恋に出会ってしまいました」

Yさんが証拠に見せてくれた婚活アプリの退会写真

 事実、Yさんが付き合った女性はゲーム制作会社に勤めるサブカル女子。マニアックなバンドの話で意気投合したという。「これがフットサルやボルタリングなど、陳腐な趣味を持っていたならばこうはならなかっただろう」とYさんは振り返る。

 結果、二人は「お互い真剣に付きあおう」ということになり婚活アプリを退会することになった。Yさんの話からわかるように、婚活アプリを使う女性の中で、上記の職業に当てはまる人は職業をあまりアピールしないほうがよいようだ。

 ただし、変わった趣味を持っている場合、プロフィールには書くべきではないという。会った時に初めてそれを伝えることで、意気投合したときに一気に互いの距離が縮まる。

 どうやら、真剣な恋愛に発展するためのコツは、プロフィールの書き方と会ったあとの自己開示の仕方によるところが大きいようだ。<文/日刊SPA!取材班>

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中