美人ラート選手・松浦佑希「身体感覚と向き合いながら、その感覚の変化を楽しむのがラートの魅力」

~もぎたて!女子アスリート最前線 第7回~

ラート・松浦佑希

松浦佑希さん

 宇宙空間を遊泳する宇宙飛行士のように、大きな輪を二つの平行に付けた機具を使い、三次元の動きを体現するラート。ドイツ発祥で正式にはルーンラートという。全日本選手権で、キャリア2年目にして総合優勝を果たした松浦佑希選手を直撃した。

松浦:3歳からスポーツクラブ(ピープル)の体操教室に入りました。入るきっかけは活発すぎ、かなり動き回ってたいへんだったそうで親も困っていたところからでした。そこから先生の薦めで小学5年からは池谷幸雄体操クラブに所属し、順調に進んでいました。が、体重制限もあり、中学生になるぐらいに摂食障害になり体のバランスを崩してしまうと、更に平均台の練習中の怪我で選手生命の危機に。ありえない方向への体の捻りにより肘を脱臼骨折してしまいました。

 回復して完全復帰まで1年を要し、いざ戻ってもその恐怖感が取れず。体操競技は好きだからやりたい気持ちと怖くて「やりたくない」という気持ちが葛藤していた。聖望学園高等学校に進学してもケガに泣かされ、恐怖感をぬぐえることはなかったが、大学受験に失敗し浪人をしたときに彼女の人生が変わった。

松浦:この期間勉強もあって競技から離れ自分を見つめなおすことができたんです。「やらされる環境から自分でやる環境へ変化した」ことで「やっぱり体操って楽しいな」と感じたことで長年の恐怖感からの脱却ができました。今振り返っても「この1年が無かったらどうなっていたか」と感じるぐらい重要でしたね。

 受験のために体操のイベントに行ったときにラートと出会う。「体操に似ていて面白そう」と感じ、進学した筑波大学でラートを始めることになった。

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=950230

ラート・松浦佑希ラート・松浦佑希ラート・松浦佑希ラート・松浦佑希ラート・松浦佑希松浦:ラートの面白さは自分自身の身体感覚と向き合いながら、その感覚の変化を楽しめることです。2012年全日本ラート競技選手権では個人総合優勝し、翌年2013年7月のシカゴでの世界選手権で初の世界大会出場で今までにないぐらい楽しく演技ができ、「またこの舞台に戻ってきたいな」と感じました。

 2014年に開催された世界ラート競技チームカップでは団体メンバーとして優勝し、全日本では個人総合で3連覇を果たした。そして今年の世界選手権出場を果たすも、個人総合では9位、また、大きな失敗をしてしまいわずかに点数が足らず、種目別決勝に進めなかった。このことはラート競技を始めてから、「本当に悔しい」と感じたそうで「今までに抱いたことのないような気持ち」にもなったという。「今後は大学教員を目指し勉学に励みつつも競技でも世界を目指す」と答えてくれた彼女の今後に期待したい。〈取材・撮影/丸山剛史〉

■もぎたて!女子アスリート最前線
女性競技者たちのまっすぐな眼差しとひたむきな姿勢は、メイク、衣装いらずの素材美そのもの。てっぺんを目指して邁進する明日のスターの、飾らない美しさをお届けする。

この特集の記事一覧

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中