「ヤクザから改心した人の本」ベスト3――極道のイメージを裏切る珍書の数々

創設100年を迎えた山口組の大分裂騒動に注目が集まっている。が、ここではあえて、映画や小説、マンガなど大衆娯楽として広く長く愛されてきた文化としての「ヤクザ」を紹介する!

◆ヤクザの“改心本”は珍書の宝庫だった!

『逢えてよかった―夜回り組長にココロを預けた少女たちのホンネ』

『逢えてよかった―夜回り組長にココロを預けた少女たちのホンネ』

 ヤクザ社会=力・脅威・謀略の支配する怖い世界というイメージだが、それを完全に裏切る本もある。珍書メインの古書店の店主・とみさわ昭仁氏に、同店で扱ってきたヤクザ本の珍書を聞いた。

「ヤクザ社会の内幕を描くものには、そこまで変な本はありませんが、自伝的な本となると、やはり普通ではない生き方をしてきた人ばかりなので、変わった本が多くなります。特に珍書が多いのは、ヤクザから改心した人の本ですね」

 そう言ってとみさわ氏が差し出したのは、元暴力団組長の著作『逢えてよかった―夜回り組長にココロを預けた少女たちのホンネ』(産経新聞出版)、元ヤクザの伝道師集団が書いた『刺青クリスチャン』(早稲田出版)、タイトルからして珍書感満点の『組長をカタギに変えた犬』(角川学芸出版)の3冊。アウトロー系とは縁のなさそうな出版社から出ているのも面白い。

「反社会的な活動から足を洗った点で、出版社側も書籍にしやすい部分があるんでしょうね」

 また『日本の親分グラフィティ』『激撮・六代目時代―写真で観る山口組史』などの強烈なタイトルの写真集は、仕入れると必ず売れる人気路線だという。

「やっぱり司忍組長(現・山口組組長)みたいな人は、オシャレすぎる点も含めて面白いです。写真集で『この人スゲー!』『怖ぇ!』みたいな視点からヤクザを見るのも、一つの楽しみ方だと思います」

【とみさわ昭仁氏】
「マニタ書房」店主。ライター、ゲームプランナー、収集家、日本一ブックオフに通う男。神保町の珍書主体の古書店「マニタ書房」の店主も務める。著書に『人喰い映画祭』など

― ヤクザは日本の文化だ! ―

逢えてよかった―夜回り組長にココロを預けた少女たちのホンネ

極道生活50年、ムショ暮らし30年の人生を歩んできたから分かる、若者たちの怒りと悲しみと痛み。「聞いてあげよう。助けてやるよ」という語りかけに、不良少年・少女たちのココロが動いた! 夜回り組長のケータイには、今日も彼らの叫びが届く。

刺青クリスチャン

キリストに助けられた極悪人から名をとった、元ヤクザ幹部の伝道集団「ミッション・バラバ」。彼らの過去と現在を紹介し、未来の姿をも展望する。

組長をカタギに変えた犬 命どぅ宝

たくさんの犬や猫が毎日殺処分されている日本の現実。「殺される命の無い社会をつくりたい」と、真っ向勝負で「日本最大の動物シェルターをつくる」と奔走する男がいる。ヤクザの世界に身を置いていた彼は、一匹の犬・タッズとの出会いから生き方を変える。命を考える感動のノンフィクション。

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中