リアリティを感じる『ヤクザマンガ』ベスト3――実際の事件や組織がモチーフに

創設100年を迎えた山口組の大分裂騒動に注目が集まっている。が、ここではあえて、映画や小説、マンガなど大衆娯楽として広く長く愛されてきた文化としての「ヤクザ」を紹介する!

◆細かな描写にグッとくる!フィクションといえど鋭く描かれたヤクザマンガ

 映画と同様にジャンルとして“ヤクザ”が存在するマンガ。アングラや事件モノを守備範囲に取材を重ねてきた久田将義氏に、リアリティを感じるヤクザマンガについて聞いた。

代紋TAKE2

『代紋TAKE2』

「まずは『代紋TAKE2』(講談社)。物語の冒頭で主人公のヤクザが、拓殖大学か国士舘大学がモデルの大学の応援団にボコボコにされますが、これは昔に実際にあった話。登場する暴力団も、山口組が進出してくる前の関東の組織がモデルになっています。実際の事件や組織がモチーフになった部分はリアリティを感じます」

 同作ではピストルを撃つ描写にも現実味を感じたという。

「ピストルは両手でしっかり構えても、5m以上離れたらまず当たらないといわれています。このマンガの冒頭では、主人公が鉄格子の扉の鍵穴に向けてピストルを連射しても当たらず、逆に跳弾に当ってしまう場面がある。片手でパンパン撃つマンガも多いなかで、こういう描写がある作品はよく取材しているなと感心しますね」

 また、『殺し屋1』(小学館)にもリアリティを感じる部分が。

「『住民の8割が暴力団関係者』というヤクザマンションの設定が良かった。あれは歌舞伎町に実在するマンションをそのまま描いたものなんですよ。僕も取材で訪れましたが、ソープのボーイさんがいるくらいで、ほかは実際にヤクザばかりでした。物語自体は、作者の思想から生まれた完全なフィクションではありますが、歌舞伎町もきちんと描写されている作品だと感じました」

 最近の作品では『新宿スワン』(講談社)の服装などに注目。

「作者が元スカウトマンなので、スカウトがゼロハリバートンのアタッシェケースを持ってたり、髪形がサラリーマンっぽい人がいたりして、よく見てると思いましたね。オールバックにメガネのヤクザも今風で、実際目にした人を参考にされているのだと思います。ただ、肝心のヤクザが本格的に絡んでくる物語の後半は、ちょっとリアリティがなかったですね(笑)」

●代紋TAKE2
組の抗争で死亡したチンピラが、なぜか10年前の世界に生き返り、ヤクザ道をひた走る。原作/木内一雅、作画/渡辺潤 講談社刊

●殺し屋1
歌舞伎町のハグレ者グループと暴力団の攻防の中で、強烈な暴力や異常性愛の描写が続く衝撃作。作画/山本英夫 小学館刊

●新宿スワン
歌舞伎町を主な舞台とし、若い女性に水商売を斡旋するスカウトマンを主人公に、その成長と裏社会を描く。作画/和久井健 講談社刊

【久田将義氏】
編集者。『ダークサイドJAPAN』『実話ナックルズ』(ともにミリオン出版)などの編集長を務めフリーに。現在は東京ブレイキングニュース編集長。近著に『生身の暴力論』(講談社)がある

取材・文/古澤誠一郎 取材/安田はつね(本誌) 撮影/山川修一(本誌)
ー ヤクザは日本の文化だ! ー

代紋<エンブレム>TAKE2(1)

うだつのあがらぬチンピラ阿久津丈二は組の抗争であえなく死んでしまうが、神のいたずらか10年前の世界に生き返ってしまった。いままでのミジメな自分にさようなら、これからは金の代紋めざしてヤクザの道をひた走るんだ──決意に燃える2代目海江田組組員・阿久津丈二の新たなる人生がいま幕を開ける!

殺し屋1 第1巻

キョーレツな痛みを発火点にさく烈するイジメられっ子・イチの泣きの拳が欲望都市・新宿で美しく輝く。最終ハードコアバイオレンスの戦慄。

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中