「ヤブ医者」から身を守るための5箇条

 急増する「ヤブ医者」問題。命を預かる職業である医師が起こす問題は生死に関わることも少なくない。ヤブ医者から身を守る自衛策として、医療ジャーナリストの田辺功氏は「まずは、親しい病院仲間をつくること」を薦める。

急増する[ヤブ医者]から身を守る方法5「いろいろな患者が集まる総合病院は、地域の情報が集積する場でもあります。医師は別の医師の評判を決して口にしませんが、患者は正直。口コミサイトには書かれないような、忌憚のない意見を耳にすることができるはずです」

 さらに、医師・医療ジャーナリストの森田豊氏は、医師の周辺人物の観察を推奨。

「看護師は、医師の力量を間近で知る人物。直接評判を教えてくれることはありませんが、表情ややり取りを観察していると、それとなくわかるものです。また、有能な医師の元には有能な看護師が集まるので、看護師自体の手際のよさも重要ですね」

 最後に、医者自身の判別に最も有効なのは、別の医師の意見を求めるために紹介状を書いてもらう「セカンド・オピニオン」を提案してみることだと森田氏は言う。

「力量に自信のない医師ほど、拒否反応を起こします。特に、絶対的な治療方針が唯一ではない医療の世界で、1つの診断結果と1つの治療方針しか示さないような医師が、ヤブ医者なのかどうかを見抜くのには効果的。怪しいと思ったらセカンド・オピニオンを提案しましょう」

 診察の基本である触診をしない医師は避けて吉。触診は診察の基本でありながら、検査のようにお金にはならない。そのため、初診で触診がないようなら、その医師、医療機関を替えたほうが安全だろう。

<ヤブ医者から身を守るための5箇条>

●かかりつけ医は必須。自分の体を熟知している医師を味方につけよう
●地元での評判、口コミサイトの悪評をチェック
●触診しない医師は絶対に回避
●断定的な診察結果をする場合は、ほかの病気の可能性を聞く
●怪しいと思ったらセカンド・オピニオンを提案。紹介状を書いてもらう

【田辺功氏】
朝日新聞社の医学・医療担当編集委員として患者の立場からの医療報道を進め、退社後はフリーの医療ジャーナリスト。ヘルスケア企業の広報コンサル会社「ココノッツ」取締役

【森田豊氏】
医師・医療ジャーナリスト。現役の医師として、診療に従事するとともに、テレビや雑誌などさまざまなメディアに出演して、病気や医療の問題について解説している

取材・文/SPA!ヤブ医者問題追及班
― 急増する[ヤブ医者]から身を守る方法 ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中