“ゲームの中に入って楽しむ”バーチャルリアリティ・ゲームの魅力とは?

“ゲームの中に入って楽しむ”という、ゲームファンなら誰しも一度は夢に見た世界が、いよいよ現実のものに。そのカギを握る“VRシステム”に迫る!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=955678

◆急成長を遂げるVRシステムの人気が東京ゲームショウで爆発

VRはゲーム業界の救世主になるか!

筆者も『サマーレッスン』でPS VRを体験したが、没入感は期待以上のデキ。金髪美女との会話は緊張の連続!

 9月17日から20日にかけて、千葉・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2015。4日間で、歴代2位となる26万8446人もの総来場者数を記録したこの一大イベントで、特に来場者の注目を集めたのが“バーチャルリアリティ(VR)システム”だ。

 VRシステムとは、映像や音響効果を組み合わせて、人工的な現実感を生み出す技術のこと。ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(以下、SCEJA)のプレイステーションブースでは、PlayStation4(以下、PS4)とPlayStation Cameraを組み合わせることで、ゲームの世界に入り込んだかのような体験が楽しめるPlayStation VR(以下、PS VR)のコンテンツを10タイトル展示。『ファイナルファンタジーⅩⅣ:VRタイタン討伐戦』や、『真・三國無双7 VR DEMO』など、初出展となるデモも多数用意され、国内外のメディアやユーザーで賑わった。

VRはゲーム業界の救世主になるか!

高橋泰生氏

「PS VRを体験された方からは、これまで味わったことのない、ゲームの中にいる感覚が体験できたと、非常にポジティブなご意見をいただいております」と教えてくれたのは、SCEの戦略・商品企画部に所属する高橋泰生氏。

「国内外でVRに対する関心は高まってきていると感じます。世界中でPS VRを体験いただいていますが、ゲームの中に入っていくというまったく新しい感覚に、一様にポジティブな反応が見られます」と手応えを感じていた。

◆クリエイターも期待するPS VRの魅力とは?

VRはゲーム業界の救世主になるか!

PS VRの試遊は、ブース内の2階建ての体験コーナーで実施。キャンセル待ちの列ができるほど大盛況だった

 では、サードパーティのゲームメーカーは、VRをどのように考えているのか。いち早くPS VRの技術デモ、『サマーレッスン』を開発したバンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏は、「PS VR自体は、すばらしいハードです」と断言した。

「VR ヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)業界は、この2年間大きな話題を集めつつありますが、話題のほとんどがハードやテクノロジーに集中しています。つまり、ソフトメーカー側の専用コンテンツへの投資がまだ進んでいないのですが、PS VRは“ゲーム専用機”という点が、有利に働く可能性を秘めています」

 ゲーム専用機のため、PS VRに期待する客層がほかのプラットフォームと比べて見えやすくなり、客層が見えやすければ、作り手は“狙いやすい”というわけだ。

VRはゲーム業界の救世主になるか!

「『サマーレッスン』の商品化は、私にとっては数年越しの夢なので、ぜひ実現したいのですが、現時点では未定です」(原田氏)

「客層を狙いやすいとコンテンツが揃う速度は加速しますから、ここを最大限生かすことができれば、PS VRがPS4の売り上げを加速させるだけでなく、VR HMD業界での中心的役割を担うことも可能になるかもしれません」

 PS VRへの可能性に期待を寄せつつも、盛り上がりに関して原田氏は、「2~3年前と比べて“ようやくコア以外の一般層に対して、いくつかのニュースが届くようになった”レベルだと思っています」と冷静だ。また、ゲームコラムニストとして活躍する卯月鮎氏も、「PS VRのヒットのカギとなるのは、価格とコンテンツの充実度。あとは、アピールの方法です。基本的に、HMDを装着した人以外には、どう見えているのかが伝わりにくい機器なので、量販店での試遊や体験会などが重要となりますね」と分析する。

 高橋氏によると、「PS VRは’16年上半期の発売を目指し開発していますが、発売する地域や価格は未定です」とのこと。発売までにその魅力が広く浸透すれば、ゲーム業界の救世主になりそうだ。

●PlayStation VR
VRはゲーム業界の救世主になるか!

PlayStation VR

“Project Morpheus”改め、PS VRとして登場。本体のVRヘッドセットを頭部に被ると、迫力のある3D空間がプレイヤーを取り囲み、頭部の動きや位置に合わせて映像が360度全方向にリアルタイムに変化する。価格などは未定

<ゲーム業界の有識者>

【高橋泰生氏】
SCE 戦略・商品企画部。「PS VRがPS4の魅力を高め、コンテンツの幅が広がることで、ゲーム体験をさらに豊かにしてくれると思います」と期待を寄せる

【原田勝弘氏】
バンダイナムコエンターテインメント。『鉄拳』シリーズなどのプロデューサー。「いくつかのジャンルで、VR HDM用のタイトルをいつでも作れる感覚はある」と豪語

【卯月鮎氏】
ゲームコラム二スト。ゲーム雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評などで活躍。詳細は、 http://differenceengine.blog109.fc2.com/

取材・文/黒田知道

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中