“ゲームの中に入って楽しむ”バーチャルリアリティ・ゲームの魅力とは?

“ゲームの中に入って楽しむ”という、ゲームファンなら誰しも一度は夢に見た世界が、いよいよ現実のものに。そのカギを握る“VRシステム”に迫る!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=955678

◆急成長を遂げるVRシステムの人気が東京ゲームショウで爆発

VRはゲーム業界の救世主になるか!

筆者も『サマーレッスン』でPS VRを体験したが、没入感は期待以上のデキ。金髪美女との会話は緊張の連続!

 9月17日から20日にかけて、千葉・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2015。4日間で、歴代2位となる26万8446人もの総来場者数を記録したこの一大イベントで、特に来場者の注目を集めたのが“バーチャルリアリティ(VR)システム”だ。

 VRシステムとは、映像や音響効果を組み合わせて、人工的な現実感を生み出す技術のこと。ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(以下、SCEJA)のプレイステーションブースでは、PlayStation4(以下、PS4)とPlayStation Cameraを組み合わせることで、ゲームの世界に入り込んだかのような体験が楽しめるPlayStation VR(以下、PS VR)のコンテンツを10タイトル展示。『ファイナルファンタジーⅩⅣ:VRタイタン討伐戦』や、『真・三國無双7 VR DEMO』など、初出展となるデモも多数用意され、国内外のメディアやユーザーで賑わった。

VRはゲーム業界の救世主になるか!

高橋泰生氏

「PS VRを体験された方からは、これまで味わったことのない、ゲームの中にいる感覚が体験できたと、非常にポジティブなご意見をいただいております」と教えてくれたのは、SCEの戦略・商品企画部に所属する高橋泰生氏。

「国内外でVRに対する関心は高まってきていると感じます。世界中でPS VRを体験いただいていますが、ゲームの中に入っていくというまったく新しい感覚に、一様にポジティブな反応が見られます」と手応えを感じていた。

◆クリエイターも期待するPS VRの魅力とは?

VRはゲーム業界の救世主になるか!

PS VRの試遊は、ブース内の2階建ての体験コーナーで実施。キャンセル待ちの列ができるほど大盛況だった

 では、サードパーティのゲームメーカーは、VRをどのように考えているのか。いち早くPS VRの技術デモ、『サマーレッスン』を開発したバンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏は、「PS VR自体は、すばらしいハードです」と断言した。

「VR ヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)業界は、この2年間大きな話題を集めつつありますが、話題のほとんどがハードやテクノロジーに集中しています。つまり、ソフトメーカー側の専用コンテンツへの投資がまだ進んでいないのですが、PS VRは“ゲーム専用機”という点が、有利に働く可能性を秘めています」

 ゲーム専用機のため、PS VRに期待する客層がほかのプラットフォームと比べて見えやすくなり、客層が見えやすければ、作り手は“狙いやすい”というわけだ。

VRはゲーム業界の救世主になるか!

「『サマーレッスン』の商品化は、私にとっては数年越しの夢なので、ぜひ実現したいのですが、現時点では未定です」(原田氏)

「客層を狙いやすいとコンテンツが揃う速度は加速しますから、ここを最大限生かすことができれば、PS VRがPS4の売り上げを加速させるだけでなく、VR HMD業界での中心的役割を担うことも可能になるかもしれません」

 PS VRへの可能性に期待を寄せつつも、盛り上がりに関して原田氏は、「2~3年前と比べて“ようやくコア以外の一般層に対して、いくつかのニュースが届くようになった”レベルだと思っています」と冷静だ。また、ゲームコラムニストとして活躍する卯月鮎氏も、「PS VRのヒットのカギとなるのは、価格とコンテンツの充実度。あとは、アピールの方法です。基本的に、HMDを装着した人以外には、どう見えているのかが伝わりにくい機器なので、量販店での試遊や体験会などが重要となりますね」と分析する。

 高橋氏によると、「PS VRは’16年上半期の発売を目指し開発していますが、発売する地域や価格は未定です」とのこと。発売までにその魅力が広く浸透すれば、ゲーム業界の救世主になりそうだ。

●PlayStation VR
VRはゲーム業界の救世主になるか!

PlayStation VR

“Project Morpheus”改め、PS VRとして登場。本体のVRヘッドセットを頭部に被ると、迫力のある3D空間がプレイヤーを取り囲み、頭部の動きや位置に合わせて映像が360度全方向にリアルタイムに変化する。価格などは未定

<ゲーム業界の有識者>

【高橋泰生氏】
SCE 戦略・商品企画部。「PS VRがPS4の魅力を高め、コンテンツの幅が広がることで、ゲーム体験をさらに豊かにしてくれると思います」と期待を寄せる

【原田勝弘氏】
バンダイナムコエンターテインメント。『鉄拳』シリーズなどのプロデューサー。「いくつかのジャンルで、VR HDM用のタイトルをいつでも作れる感覚はある」と豪語

【卯月鮎氏】
ゲームコラム二スト。ゲーム雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評などで活躍。詳細は、 http://differenceengine.blog109.fc2.com/

取材・文/黒田知道

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中