4chan管理人に就任したひろゆき「受け渡し当日にFBIからメールが届きました」

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

【ひろゆきが米国の匿名掲示板「4chan」の管理人に就任】

9月21日、当連載を担当するひろゆき氏が、米国の画像を中心とした巨大匿名掲示板「4chan」の管理人に就任し話題となっている。4chanは「2ちゃんねる」の影響を受けて誕生した「ふたば☆ちゃんねる」に触発され’03年に開設。現在は月間訪問者2000万人以上、月間ページビュー6億以上、累計ページビューは422億件以上のマンモスサイトに成長している

アメリカって思ってた以上にすんなりと進むのに拍子抜け

写真は「4chan」のトップ画像

◆アメリカって思ってた以上にすんなりと進むのに拍子抜け

 そんなわけで、4chan.orgという米国のサイトの管理者になりました、ひろゆきです。4chanは日本ではそんなに有名じゃないですけど海外ではわりと有名なので、『New York Times』とか『Forbes』、『新浪科技』とかで報道されていました。

ひろゆき んで、受け渡し当日に早速FBIからメールが届いたりしまして、そこでアメリカっていろいろと早いんだなぁ、、と思ったりしました。日本の場合、警察は紙のやりとりをすることになるんですけど、アメリカは電子メールで済むので、司法機関とのやりとりはだいぶ楽ですね。著作権物の不正利用のやりとりも、著作権を使われそうなサイトは前もって連絡先を登録しておく事務所がアメリカ政府によって運営されていたりします。んで、嘘の申告をしたら刑事罰を受けるので、連絡がきたときは言われた通りに対応しとけばいいので、サイトの運営が楽になってたりします。アメリカの場合は、州によって法律が違うので、ある意味で日本よりもややこしいところもあったりしますけど、連邦政府レベルでは、わりと技術を理解している人が仕組みをつくってる感じがします。

 んで、4chanはもともと12年間やってたサイトなので関わってる人も大勢いるんですけど、アメリカの会社っていきなり買収されたりとか上司が突然代わったりとかがよくあるので、管理者が代わったとしても妙に慣れてるというか、落ち着いているんですよね。これが日本の会社だと、トップが入れ替わったりした瞬間に社員が団結して反発とかあったりしますけど、アメリカだと「嫌なヤツは辞めろ!」って言われるのがわかってるので辞める人はさっさと辞めてたりしますからね。

 そんなわけで、思ってた以上にすんなりと物事が進んでいて、ちょっと拍子抜けしてる部分もあったりしたんですけど、移管した次の日にサーバが落ちてびっくりしました。。。ちなみに担当さんからなんで就任したのかを書けと言われたんですけど、前からmootさんが「辞めたいんだよねぇ」って言っていたこととか、わりと面白そうだなぁ、ってことぐらいなんですよねぇ。。。

※1.4chan.org
米国を中心に世界中で話題となっている画像を中心とした匿名ネット掲示板。2ちゃんねると同じようにネット文化が誕生する場としても有名。海外のクラッカー集団として有名な「アノニマス」も同サイトを利用している。資金難のために過去7回ほど運営が停止されるだけでなく、度々サーバがダウンする障害も発生している

※2.『新浪科技』とか
有名な中国のIT情報サイトのこと。このほかに筆者の管理人就任は、フランスの夕刊紙『Le Monde』や、イギリスの大手一般新聞『The Guardian』などでも報道された

※3.mootさん
ニューヨーク在住の際に弱冠15歳で4chanを設立した人物のネット上のハンドルネーム。本名はクリストファー・プール(Christopher Poole)

【西村博之】
38歳。元(?)ニコニコの運営・管理人。元2ちゃんねるの管理人で、新2ちゃんねる『2ch.sc』の運営・管理人。

撮影/根田拓也
※「ひろゆきのネット炎上観察記」は週刊SPA!にて好評連載中

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中