サードウェーブ男子の「意識高い系な一日」を追ってみた

オラオラ系に草食系。男の分類もさまざまだが、昨今台頭しつつあるのが「サードウェーブ男子」。“丁寧に暮らす”を標榜し、インスタグラムなどはやりのSNSに生息する彼らの特徴と生態に迫る!

<ドキュメント>サードウェーブ男子の一日を追ってみた!【平日編】

 増殖しつつあるサードウェーブ男子50人以上の生態を観察し、そこから導かれた彼らの生活を再現してみた。驚くことに、これらは架空の行動などではなく、実在の人物の証言に基づいた事実なのである……。

[サードウェーブ男子]の意識高い系な日々6時…無印良品で揃えたベッドで起床。

6時半…平日の朝食はヘルシーなものを丁寧にいただく。たいていはスムージーとグラノーラで簡単に。石垣島に移住した友人が時々送ってくれるウマい手作りパンとジャムがあるときは、iPadと一緒に持ち出して、近くの雑木林のベンチで楽しみながらビジネスプランを練ったり。自然に身を置くと、いいアイデアがあふれ出てくるから。

8時半…ポートランドでオーダーしたカスタムサイクルで出勤。途中、友達の様子を見に、サードウェーブコーヒー店に立ち寄る。テイクアウトして会社へ。

[サードウェーブ男子]の意識高い系な日々9時半…誰よりも早く出社。大量のメールへの返信や1000人近い友人たちのインスタグラムやフェイスブックは午前中にチェックを終える。朝の時間を有効活用することは、丁寧に生きることにつながると感じている。

12時半…昼食。近くの店でビーガンのランチプレート。会社に戻る途中、また違う知人をカフェに訪ね、自家製レモネードを買う。

20時…会社帰り「週末にキャンプ行きたい人~」とSNSで呼びかけ、都合のつく人とクラフトビール店で待ち合わせ。飲みながら、週末キャンプの打ち合わせを。スタンディング・スペースのある店は、こういう人数が読めない待ち合わせには都合がいい。

23時…帰宅して入浴。前日、眠りが浅かったときは、入念に半身浴。谷川俊太郎の詩集に目を通しながら、今の自分の心境と合致するものがあれば、ツイート

24時…雑誌で読んだフライパンで作れるパンのレシピが無性に気になって、粉から練ってタネを寝かせる。達成感とともに、自分も眠りにつく。


★サードウェーブ男子を読み解くキーワード

丁寧…彼らを彼らたらしめるのは、「丁寧な暮らし」「上質な暮らし」。何が丁寧で何が上質かは人それぞれなわけだが、なぜかテンプレ化されているのがサードウェーブ男子の最大の特徴でもある。

スムージーとグラノーラ…レディー・ガガが13㎏のダイエットに成功するなど海外セレブの間で広がり、昨年、日本の女子にも大ブームとなったスムージー。一方のグラノーラも、「GANORI」など専門店の登場で流行。サードウェーブ男子も実は流行に敏感?

石垣島に移住した友人…たおやかな時間が流れ、気持ちもほっこりする島は、上質な暮らしの究極。島に憧れを抱く人多し。

手作りパンとジャム…フランス発のパン店「メゾンカイザー」や鎌倉のジャム専門店「Romi-Unie Confiture」などの有名店よりも、友人お手製を好む。友に感謝し、いただきます。

ジャムiPad…レッツノートの無骨さ、丈夫さは、繊細なサードウェーブ男子にとってはヘビーなのか。アップル信者と彼らの親和性は圧倒的。スティーブ・ジョブズは彼らのアイコンで「Stay Hungry, Stay Foolish.」の言葉に、周りに流されない「丁寧な暮らし」を誓う。

近くの雑木林…人気の街がある西東京方面には緑が多く、青春を過ごした田舎の懐かしい通学路を思い出させる。

サードウェーブコーヒー店…アメリカのコーヒー文化において、シアトル系チェーン店の広がりの後にやってきた第三の潮流のこと。生産地や流通、豆の質や挽き方、入れ方にこだわる。その代表的コーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」が、初の海外進出地として清澄白河に出店し、話題に。恵比寿と仙川にある「猿田彦珈琲」もサードウェーブの流れを汲む。

ランチプレート…なぜか、カフェのワンプレート料理を好みがちで、SNSに「今日のカフェ飯」をアップ。「女子っぽいって言われるけど、でも好きなんだ」的なコメントを添えて。「いいね!」もたくさん。

自家製レモネード…レモネード、およびジンジャーエールが自家製なカフェへの信頼は厚い。こうした店が主宰する手作り市はサードウェーブ男子で大盛況。SNSで告知・実況し、「おいしい」「超うまい」と賛辞を送る。決して、品評はしない。

[サードウェーブ男子]の意識高い系な日々クラフトビール店…大量生産・大量消費の価値観から距離を置きたい彼らが選ぶビールは、当然、クラフト系。違いのわかる彼らは「このビールは温度が常温のほうがいい」と、飲み方にもこだわりを持つ。「アサヒスーパードライ」の爽快感とは無縁だ。

ツイート…ツイッターにインスタ、年齢が上がるとフェイスブックなど、SNSはマストツール。公開しシェアしてつながること抜きに、彼らの上質な暮らしは成り立たないといっても過言ではない。

― [サードウェーブ男子]の意識高い系な日々 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中