女子ウケ悪い!? 「サードウェーブ男子」ファッション

サードウェーブ男子の「丁寧に暮らす」彼らのライフスタイル。そのリアルなキーワードについて、同世代の女性や、あるいはサードウェーブとは無縁の新橋サラリーマンなどはどう受け止めるのか? 今回はファッションについて街の反応を探った。

◆頑張らない、ムリしない、心地よい……という頑張り

 一般に、サードウェーブ男子を特徴づけるファッションはというと、代官山で聞いてみると「ニューバランス、キャップ、メガネ」(27歳・女)と言う。

「ニューバランスって運動靴でしょ?」と言う新橋サラリーマンの指摘はごもっとも。今さら感あるものばかりだが、要はブランドに左右されず、良質なもの、身につけて心地よいものを選ぶというのが、彼らのそもそもの信条だ。

「知人のデザイナーに作ってもらったオーダーメイドのパンツや靴を愛用していて、友人の作品だけで、全身をコーディネートできる」(29歳・男)なんて人もいたが、そんなオリジナリティも、「『世界で自分だけ』という特別感かクラフト作品の一点モノに弱いのは、自分に自信のない表れに思える」(35歳・女)と女子は一刀両断。

サードウェーブ男子のファッション 素材へのこだわりも女子ウケは悪い。

「『肌に直接、身につけるものは自然派素材がいい』と、心地のいいリネンとパジャマにこだわり、オーガニックコットンの一枚2000円のパンツ……って女子かよ!?」(28歳・女)と、滲み出るナルシシズムに手厳しい意見。

 コーディネート的にはサードウェーブ男子の基本は「スウェットにサンダル」という気取らないスタイルも“あり”とする「ノームコア(究極の普通)」。これには新橋のサラリーマンからも「ああ、楽でいいよね、俺も休みの日はだいたいそれ」との一言。ま、サードウェーブ男子からは「一緒にするな」と言われそうではあるが。

 ただ、「知人の自他ともに認めるシティボーイは、髪形がアシンメトリー。オシャレかどうか以前に、ナルシシストにしか見えない」(32歳・女)というようにキメキメのスタイルでも非難されるのだから、まだ普通のファッションのほうが女子ウケはするかもしれない。変なこだわりウンチクを垂れないならば、ではあるが。

― [サードウェーブ男子]の意識高い系な日々 ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中