時間とカネがかかる「サードウェーブ男子の丁寧な生活」

「朝の時間を有効活用するのが、丁寧に生きる上での鉄則。毎日早起き」(27歳・男)というように、彼らは朝早くから活動。一見、ヒマそうな彼らだが、丁寧な生活は何かと時間がかかる。

[サードウェーブ男子]の意識高い系な日々

サードウェーブ男子にとって「パーティ」は日常だ

 クリスマスに正月、ハロウィンなどの季節イベントはもちろん、「『肉会』を定期的開催」(38歳・男)したり、「友人のカフェの周年パーティは恒例行事」(31歳・男)だったり、予定も目白押しだ。

 たまの休みはバックパックを背負って国内外を旅行。そこでも、のんびり旅を楽しむ時間はない。

「旅行の写真を一日20回もインスタグラムにアップする男子。何しに行ったの?」(35歳・女)

 承認されてこその素敵な暮らし。SNSでサードウェーブ男子の動向をつぶさに観察している女性(37歳)は、こう続ける。

「『詩を読んだ』と書くコも多く、『詩を読む自分』の披露こそが上質な暮らしをしている証しなのでしょう。『朝のリレー』で有名な谷川俊太郎さんと親和性が高いのも日の出の写真をアップするのが大好きな彼らしいな、と(笑)」

 このほか、「写真集の一ページを『高まった!』とSNSにあげながら作品名も知らなかった20代男子」(29歳・女)なんて目撃情報も。

 そんな浅さも彼らの“上質な生活”なら外野の出番はない。が、「丁寧な生活にはお金がかかるせいか貯金のない人も多い」(34歳・女)というのは気掛かりだ。

「丁寧な生活をする上で大事なのは時間。お金は必要ない」(26歳・男)と、強がりなく言えるのも、ホント、今のうちだから。

取材・文/SPA!サードウェーブ男子取材班
― [サードウェーブ男子]の意識高い系な日々 ―

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中