「ダサい人」と「雰囲気イケメン」が決定的に異なる3つのポイントとは?

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第46回目をよろしくお願いします。

 おしゃれな人はなぜ「おしゃれに見える」のでしょうか? 「顔がいいから」「スタイルがいいから」なんて声が聞こえてきそうですが、決してそうではありません。不細工でも胴長短足でもおしゃれな人はたくさんいます。ショップスタッフはとくにそう。パッと見はカッコよく見えるけど、よくよく見ると体型も顔もさほどでもない「雰囲気イケメン」が多い。では、なぜ「雰囲気イケメン」に見せることができるのでしょうか? 今日は「ダサい人」と「おしゃれに見える人」「雰囲気イケメン」の違いを「服の選び方と考え方」から分析していきます。

雰囲気イケメンに見せるルール①
「『似合うor似合わない』ではなく『バランスが取りやすいor取りにくい』を重視」


「あの人はなんでも似合う」「なんでもサマになって羨ましいな」――おしゃれな人に対してそう思ったことはないでしょうか? しかし、そもそも「似合う、似合わない」とは一体なんでしょうか? 渋谷にある洋服屋をめぐれば「不細工でも洋服が似合う店員」は山ほどいますし、「胴長短足でもロングコートを着こなす店員」も星の数ほどいます。実は、顔や体型は「似合う、似合わない」の決定打にはならないのです。

 では、何かというと、バランスです。「トップスとボトムスのシルエットのバランスが取れているか?」「靴とパンツの色合わせがうまくいっているか?」。コーディネートは全体を構築する「組み合わせ」です。組み合わせが正しいバランスで成り立っていれば、どんな人でもそれなりにまとまります。顔や体型によって服が「似合う、似合わない」なんて話は、世の中で思われているほど重要ではないのです。

 むしろ、重要なのは「整ったバランス」です。例えば「制服」は上下揃った完成度の高いスタイルが多いのですが、高校生や警察官や駅員……なんでもいいのですが、「この人制服が似合わないなー」と思ったことはありますか? ほとんどないはずです。制服を着れば、みな高校生に見えるし、警察官に見えるし、駅員に見えるものです。バランスが整った服に「似合わない」なんてものはそうそう存在しないのです。

 おしゃれな人は「バランス」を常に意識しています。安易に「似合う、似合わない論」に逃げることはありません。多くの人は洋服屋に行って「自分に似合うもの」を探そうとするのですが、定義がハッキリしていない「似合うもの」を探すことはほぼ不可能です。あげく、店員に言いくるめられて無駄な買い物をしてしまうなんてことも。

 バランスの取り方はこれまでの連載で語ってきたとおりですし、私の書籍『最速でおしゃれに見せる方法』ではありとあらゆる「バランスの取り方」が掲載されています。これらを知ることで、買い物は「似合う、似合わない」の感覚的で不明瞭な判断基準から解き放たれ、常に「バランスを整えるために」構築的で論理的な判断基準で「選ぶ」ことになります。おしゃれな人は服選びが「似合う、似合わない」ではなく、「バランスが取りやすい、取りにくい」であることを知っているのです。

雰囲気イケメンに見せるルール②
「『趣味』と『おしゃれ』を分けて考える」


「軍ものが大好き」「アメカジが大好き」――「ダサい人」は、それらの趣味嗜好を「街着」に取り入れようとします。男性はついつい趣味に走って収集癖が出てしまったり、偏ったりしがち。「ミリタリー」は趣味としては大変結構ですが、だからといって普段着に全身ミリタリーを着ることは「おしゃれ」ではありません。

「おしゃれ」とは客観的な見た目の評価によって成り立つものです。「外から見たときに一体どんな服装、シルエット、色使いがカッコよく見えるのか?」がすべてです。趣味とは切り離して考えるべきです。

 ヴィンテージデニムの色落ち感は単品としては非常にカッコいいものですし、職人技の結晶である細かい装飾の入ったシルバーアクセサリーは芸術品です。しかし、それら単体の美しさと全体のバランスはまったくの別ものです。全身アメカジやシルバーアクセサリーをゴチャゴチャつけるような着こなしは、おしゃれに見せるハードルを自ら上げているようなもの。「趣味」と「おしゃれ」は切り離して考えることを、おしゃれな人は明確に理解しています。

雰囲気イケメンに見せるルール③
「ブランド品に媚びない」


「ブランド品だからいいもの」「ユニクロだからダメ」――雑誌などの影響で洋服を選ぶ判断基準は「イメージ」に左右されがちです。であるからこそ、ついつい「ブランドネーム」を判断基準にする人は多い。しかし上述のとおりコーディネートはバランスです。またおしゃれは「客観的な見た目の評価」なので、別にブランド品だから「おしゃれ」であるわけではありません。それどころか、無駄に「○○産の希少な素材」だったり「プロ登山家が使うハイスペックなアウター」だったり、質を重視しすぎた結果、多くの場合が自己満足に陥ります。もちろん自己満足は「趣味」としては大変結構なのですが、客観的な見た目に作用しないのであれば、おしゃれとしては意味がありません。

 だからこそおしゃれな人はブランドを気にせず買い物をします。たとえユニクロであっても、「いいもの」であれば垣根なく買います。ショップスタッフは声高に「ユニクロを着ています」「無印良品の服を愛用しています」とは絶対に言いませんが、実は「ニットはユニクロ」「シャツは無印」なんて人は数多くいます。ブランド戦略に踊らされて、洋服をタグで判断する必要なんてありません。

 9月17日に発売した『最速でおしゃれに見せる方法』では上記のような「バランスのとれたおしゃれ」を最速で実現する方法をいくつも載せています。お陰様でamazonファッションカテゴリではベストセラー1位を獲得。興味ある方はぜひ手にとってみてください。 <文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 9月17日に初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』を扶桑社より発売

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中