いきなり死体!スペインのぶっ飛んだ企業PR映画に仰天

「何だ? 君の国はあんなので駄目か! オッパイは出てなかったじゃないか。俺も限界はわきまえているんだ。あれでオッパイを出すことに成功していたら俺は表彰もので、闘牛士よろしく肩車されて映画祭のゲートをくぐっていたはずだ! そりゃあスプラッターは駄目だしポルノはアウトだ。でもここはシッチェスだからな。死体? エロチックな会話? でもメッセージは伝わったろう? それこそが目的ではないか。君だから秘密を明かすが、死体を出せって要求したのは会社側だったんだからな!(爆笑)」

 スペイン、カタルーニャのリゾート地シッチェスで9日から始まったシッチェス国際ファンタスティック映画祭の1日目――。

 大手ガス会社のPR短編映画をスペインではカルト的な人気のある俳優&監督サンティアゴ・セグラが制作した。セグラは『ビースト 獣の日』、『どつかれてアンダルシア』(ともにアレックス・デ・ラ・イグレシア監督作品)に主演しているからご存知の方もいるかもしれない。

奇才サンティアゴ・セグラ(右)、とガス会社の担当者。会見後帰り支度をしていたら二の腕をニギニギする者が。振り返ったらセグラが「良い質問だったな」と笑っていた

 会見場に企業のお偉いさんとともに現れた彼は「依頼ものだから完全に自由なわけでもないし、企業のメッセージを伝えるという目的もあったし……」と、表現者としてやりにくかったというふうなことをこぼしていたが、真面目なガス会社の「エネルギーを節約しましょう」という大真面目なメッセージを彼がどう映画化したのか? 企業の綺麗ごとに押し切られた奇才……。よくある凡作の構造である。

 なのに! ファーストシーンでいきなり死体である。夫を殺した女性と節約に命を懸けるアパート管理人の珍妙なやり取りに我われは爆笑の嵐だった。血だけではなくエロも盛り込まれてあった。

「私の“湯沸かし器”の手入れをしてほしいの」、「1年に一度手入れすれば十分ですよ」、「そんな。針がレッドゾーンなんです。だからお願い。後で“検査”に来て」などという妖艶な会話が出て来る。シッチェス風のエログロナンセンス。場内は抱腹絶倒腹。これのどこに企業PR映画ゆえの表現上の制約があったのか!?

 冒頭のセグラの言葉は、「お金を出したのが日本の企業だったら、こんな内容は絶対アウトです」という記者の感想に答えたものだった。「質問はありませんか?」という司会者の問いに、周囲のスペイン人は誰も手を挙げなかったから、彼らにとっては「ああ面白かった」で済んでいたのだろう。だけど、昔は企業広告を作りコピーライトなどもしていた日本人である記者にとってはショックだった。

 内容の方ではなく、このシナリオに大企業が平気で金を出したという事実が、だ。

 この10分ほどの短編映画は企業のホームページで公開されている。(http://cine.gasnaturalfenosa.es/cinergia-segunda-edicion/cortos-cinergia-segunda-edicion/nivel-7/

 スペイン語だが、「節約しよう」というメッセージは間違いなく伝わる。動画投稿サイトにアップされたとしても鑑賞者の20%は企業のホームページを見に来ると言っていたからPRとしては大成功だろう。ホラー大国、アニメ大国として日本映画も多数出品されている馴染みのある映画祭だが、スペインと日本の距離はまだまだ遠い。

<文/木村浩嗣:ナノ・アソシエーション>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中