血のりが飛び散る!スペイン発「ガチなゾンビウォーク」に観客パニック

 映画のプロモーションや飲食店の客集め、地域興しなどで日本でも開催されるようになったゾンビウォーク。その名の通り、ゾンビの格好をして街を練り歩くだけなのだが、さすがにスペインのシッチェスで行われたホラー映画祭が主催したゾンビウォークは恐怖であった。

スペイン発「ガチなゾンビウォーク」に観客パニック

スペイン・シッチェスのホラー映画祭のゾンビウォーク。ウォーク開始を宣言したのは『狼男アメリカン』や『メン・イン・ブラック』を手掛けたハリウッドの特殊メイクの巨匠リック・ベイカー

「交通ルールを守れ!」とか「列になって行儀良く歩け!」果ては「怖がらせてはいけない!」などと“人間並みのルール”を課すゾンビウォークが日本にはあるが、ここスペインではとにかく怖がらせてナンボ。

 写真撮影に近づこうものなら、唸り声を上げて襲って来る者も。捕まると血糊が観覧者の服や髪にもべったり付いて、迷惑千万であった。だが、ゾンビとは本来こういうものだろう。「唸り、うめき、叫ぶという、ゾンビの流儀を忘れるな!」。「脳みそを欲しがりながら、足を引きずって歩け!」と開催規定に明記してある本格派!

 外見も本格的である。映画祭に参加しているプロのアーチストが無料でメイキャップを施してくれる(先着350人限定)ため、脳みそが露出し、顔の肉が腐り落ち、あばら骨が剥き出しと、そのまま映画に出られるレベル。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=961965

スペイン発「ガチなゾンビウォーク」に観客パニック

プロのメイクアップアーティストが協賛

 あまりにもエグい“地獄の料理人”4人組に話を聞くと、メイクだけで3時間かかったという(彼らの写真は映画祭のフェイスブックでも扉を飾っていた。https://www.facebook.com/sitgesfilmfestival)。しかも、本格派の連中ほど演技もしっかりしている傾向にあるという、“相乗効果”。ここは映画祭の舞台、演技が大根では……ということだろう。

 開催規定にはゾンビを学ぶための推奨作品がいくつか紹介されていたが、その中にダニー・ボイル監督の『28日後…』や『28週後…』がなくて良かった。全力疾走で追いかけられたら街中がパニックになりかねない。ゾンビが目抜き通りを襲い始めるのは午後8時と、すでに夜。この点も昼間にお散歩感覚の日本のゾンビウォークとは一線を画す。

 ゾンビたちはその後、ゾンビ映画の無料上映会に行ったり、バル(飲み屋)で飲んだりしていた。一度は映画に出てみたい、スポットライトを浴びてみたいという、夢を抱く人には、ゾンビ以上の疑似体験はないだろう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=961966

<文/木村浩嗣:ナノ・アソシエーション>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中