ユニクロの靴下3足セットの正しい選び方。ワースト1位は「チェック柄」

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第47回目をよろしくお願いします。

ユニクロ「ソックス」メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

「3足990円」の靴下は何を買えばいいの?

 誰しもが一度は買ったことがあるユニクロのソックス。「3足990円」と書かれていると「せっかくだからまとめて買うか」と思うもの。しかし結果、必要ないものを買ってしまっては元も子もありません。一体どの組み合わせが正解なのでしょうか?

 ビジネスユースであれば、無地を選んでおけば失敗はありませんが、「街着」のカジュアルだと途端にハードルが上がります。居酒屋にでも行ってチラリと見えたときに女子に「ぷぷぷ! なんですか~そのソックス! ださっ!」と笑われるのだけは絶対に避けたいところ……。そんなわけで今日はユニクロソックスのマストバイ&ワーストバイを紹介します。これを読めば居酒屋で靴を脱いでも安心です!

ユニクロ「ソックス」マストバイ第1位

ユニクロ「ソックス」1

靴下界に革命を起こした!

コットンベリーショートソックス 330円+税

 靴下市場に革命を起こしたといっても過言ではない、ユニクロの数ある名作の一つです。

ユニクロ「ソックス」2

「足首見せ」はもはや定番の着こなし

 石田純一的素足スタイルに欠かせないベリーショートソックス。カジュアルで革靴を履いた際に「ビジネスライク」に見せない小技でもある「素足見せ」「足首見せ」。革靴にカジュアルな雰囲気が加わり、「カッチリしているけど気が抜けた」バランスのいい印象を与えてくれます。

「靴を履けばソックスが隠れて、素足風に見えるソックス」は昔から市場で展開されていたのですが、どれも高かった! イタリア人的、石田純一的な履きこなしをする際の必須アイテムなのですが、2000円など高価なものが多く、そのくせ歩いていると容赦なくソックスが脱げてムダな買い物になることも。

 ユニクロは価格破壊だけでなくフィット感の強い滑り止めを装備し、コスパ最強に仕上げました(履く靴によっては滑って脱げることもありますが)。「素足ソックスはユニクロに乗り換えた」という業界人が非常に多い名作です。

ユニクロ「ソックス」マストバイ第2位

ユニクロ「ソックス」3

靴下にも「スーピマ」シリーズがあった!

スーピマコットンカノコソックス 330円+税

 ユニクロの得意素材に「スーピマ」があります。糸が細く光沢感があり、柔らかく着心地いい風合いが魅力の高級素材です。実はソックスにもスーピマがあり、こちらはよくある縦方向に凹凸が見える「リブ編み」ではなく、ポロシャツでよく見られる細かい「鹿の子編み」のもの。リブ編みソックスはどうしても「アンダーウェア」的に見られてしまうのですが、この細かい鹿の子編みとスーピマの光沢感でチラリ見えたときにも品のある表情を与えてくれます。「リブ編みのソックスは高校生みたい」という人はこちらがおすすめです。

ユニクロ「ソックス」マストバイ第3位

ユニクロ「ソックス」4

あえて太リブでハズす着こなしもおしゃれ

スーピマコットンワイドリブソックス 330円+税

 こちらは「リブ編み」でもかなり太めの凹凸になっている「ワイドリブ」。実はレディースでワイドリブのソックスが絶賛流行中。通常の細リブでは上述のとおり「アンダーウェア」的な表情で敬遠されがちですが、太リブは革靴などをカジュアルに見せる「ハズし」アイテムとして重宝されています。ローファーなどのカッチリ系シューズを合わせる際にこんな太リブのソックスを合わせると一気にトレンドライクな着こなしに。20代の若い方にとくに支持されているアイテムです。

ユニクロ「ソックス」ワーストバイ第3位

ユニクロ「ソックス」5

買う理由が見当たらない

無地カラーソックス(消臭機能付き) 250円+税

「買ってはいけない」というほどではありませんが、マストバイで紹介した無地タイプを買わずにわざわざこっちを選ぶ理由はありません。強烈なカラーのバリエーションと価格の手頃さで受けているスタンダードソックスは、ビジネスで使えそうな細リブですが、細リブはどうしてもアンダーウェアなイメージが強く、デニムからチラリと見えると格好悪いです。選ぶなら違いがハッキリわかる「太リブ」か、無地でも鹿の子編みなどの目立たない編み地を選ぶべきでしょう。「消臭機能付き」ということなので、ビジネスでヘビーユースする人にはいいかもしれません。

ユニクロ「ソックス」ワーストバイ第2位

ユニクロ「ソックス」6

ギフトにオススメ? いやいや……

アニマルガラソックス 330円+税

 どんな需要でつくったんだよ!と突っ込みたくなる「アニマル柄」。かわいいワンちゃんとお家(犬小屋?)が施されたなんともほのぼのする柄ソックスですが、こういっちゃなんですが、小学生以外は許されないと思います。30すぎたオッサンの足元からアニマルが覗いて、「カワイイ!」と許される人は……ごくごく少数でしょう。洗って黒ずみと毛羽立ちをプラスさせたら強烈! 清潔感ゼロ、オシャレ感ゼロ! 「ギフトにもおすすめ」とコメントにありますが、書いている人は本当に贈るのでしょうか。疑問です。ちなみに黒と赤はキャラクターがペンギンになっています!

ユニクロ「ソックス」ワーストバイ第1位

ユニクロ「ソックス」7

チラ見せするには、ハードルが高すぎる!

チェックショートソックス 330円+税

 ワースト1位を飾るのはチェック柄のショートソックス。ショートソックスはスニーカーなどを履くとちょうど履き口がチラリと見える仕様になっています。「チェック柄がチラりと見えてオシャレかも?」と思って購入する人がいるのでしょうが、赤い派手なチェックが足元から見えていたら、どんなにバランスのとれたスタイルも急激に子供っぽい印象になります。

 しかもソックスは数回履けば毛羽立ちが目立つようになるもの。ただでさえ子供っぽい印象で目立つ大胆赤チェックに、毛羽立ちが加わった日には……いくらオシャレなスタイルをしていても「ああこの人は大事なところがヌケているんだな」と思われてしまいます。

 そもそもショートソックスは難しいアイテムです。「チラ見せ」なんて小難しい上級テクニックは最初から捨てて、見せたいならアクセントとしてもっと見せる、見せたくないならベリーショートで隠す! どちらかで着こなしのほうがハードルは低いのです。

 たかが靴下、されど靴下。足元は視線を集める重要な箇所で目立つ部分です。なるべく気を抜かずにいいチョイスをしたいもの。ぜひ「まとめ買い」の参考にしてみてください! 〈文/MB〉

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 9月17日に初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』を扶桑社より発売

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中