ラグビー日本代表の強さは「柔能く剛を制す精神」だけじゃなかった

 ラグビーのW杯で南アフリカを破り「史上最大の番狂わせ」(英BBC電子版)を演じた日本代表。エディー・ジョーンズ監督の提唱する「ジャパンウェイ」は“柔能く剛を制す精神”と一線を画するものだとスポーツライターの大島和人氏は解説する。

日本ラグビーフットボール協会公式サイトより

日本ラグビーフットボール協会公式サイトより

「GPSやドローンで選手たちのデータを計測した結果、今まで日本の強みとされていた俊敏性・連係は必ずしも強みではなかったそうです。それもあってフィジカルやコンタクトプレーへのこだわりが強まりました。なかでも、総合格闘家の高阪剛氏を招聘するなど、チームに80分間続けられる“ロータックルの文化”を根付かせたことが大きいと思います。低い姿勢は試合を通してはなかなか取り続けられないもの。実戦的な体づくりを進め、体勢の立て直しの速さや、重心移動といった動作を、ロジックを含めて丁寧に植え付けたことがエディー・ジョーンズ監督とスタッフのスゴさです」

 柔の部分ばかりが強調されるのは、組織力によるパス回しが「自分たちのサッカー」だというサッカーも同じかもしれない。

「ボールを動かすことへのこだわり、緻密さならばメキシコ代表、バルセロナなどのほうが断然上で、『これぞ日本流!』と言える特徴ではありません。重心移動の鋭さ、反応の速さは日本の強みだと思いますが、そこを生かすためにはフィジカル、ラグビーのような“体の使い方”を突き詰めなければいけないと思います」

 体格や身体能力で勝る外国に、小技や組織力で対抗する日本といった構図はメディアなどでおなじみだが、そう単純な話ではない。

「やっぱりDFは物理的な高さや大きさが生きる部分があります。正面からぶつかるぞという“剛”の心構えも重要です。また正しい間合いでの体の使い方や反応の速さ、球際の強さは特に磨かなければならない。そういう広い意味でのフィジカルは重要です。現在のハリルホジッチ代表監督も、ただ選手の体脂肪を気にしているだけでなく、“デュアル”という言葉で球際の戦いを強調していますよね」

 柔だけではなく、剛をもって剛を制すことも重要なのだ。

★単純なテクニックやフィジカルではなく強さの要因は複合的

【大島和人氏】
『エルゴラッソ』などのサッカー専門誌に寄稿。そのほか、野球、ラグビー、バスケット、バレーの現場にも足を運び、ラーメンにも精通する自称“球技ライター”

― [日本流はスゴい!]は本当なのか? ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中