厳しいノルマで“枕営業”する料理教室の女性講師たち

 芸能界においては、アイドルの暴露などによってその存在が半ば明るみに出つつある枕営業。だが、それは決して芸能界に限った話ではない。週刊SPA!取材班の調査によると、最近では一般企業や講師業などでも枕営業は存在するという。ここでは、その一部を特別に公開する。

【case.1 料理教室講師】
◆厳しい契約ノルマのせいで、キャバ嬢並みの色恋営業が常態化!
――浅田絵美さん(仮名・30歳)の場合


枕営業にいそしむ“現役料理講師”の過酷で淫らな日々

自身のルックスを「中の中」と評価する浅田さん。だからこそ、枕営業のちらつかせ方がより重要なのだとか

 男の生徒を受け入れる料理教室が増えているが、業界大手「A」社も例外ではなく3年前から受け入れを実施。これが枕営業という女性講師陣たちにとっての“悪夢”の始まりだった。

「ウチは講師が指名制なんです。やはり指名上位になるほど給料が上がりますから、美人ほど有利というわけです。巨乳の講師がこれみよがしに胸を強調した服を着ていることもあります。皆、男性の生徒さんとは連絡先を交換して、営業メッセージを送っていますね」

 そんな実情を話すのは、A社に勤めて4年目の浅田絵美さん。同社は講師だけではなく、経営陣もほぼ全員女性。売り上げにもかなりシビアで、講師1人にレッスン代50万~100万円という厳しいノルマが課せられるのだという。

「だからこそ、キャバクラ嬢のような色恋営業もします。休日を使い“補習”と称したデートをしたり、自宅に招いて料理でもてなすこともありますよ。ノルマ期日前に体験レッスン受講の男性が来たら絶対に逃せません。体験後に私自らがホテルに誘って、『ねぇ、お願い契約してくれない!?』と寝たこともあります。だって達成したら30万~60万円のボーナスが貰えるから……」

 浅田さんは過去に4、5人の男性と“枕”を供にしたと話す。しかし、一度契約を取ったあとでさえも、決して気が抜けない日々が続くという。

「途中で辞められてしまったら、支払いが済んでない差額分を次回のノルマに追加されてしまう。私も一度、枕営業をした男子生徒に内情をコロっと話してしまって『辞めないからもう一回ヤラしてよ』と求められそのまま1年近くズブズブと関係を持ってしまいました。要望に応えて、学校のエプロン姿でSEXした事もあります」

 料理のうまさよりも、駆け引きのうまさが収入に直結する職場。厳しい現実を垣間見た女性講師たちは、次々と辞めていくそうだ。

「でも、入社半年足らずで副店長になって、月100万円近く稼ぐ講師もいます。完全実力主義だから、合う人は合うかもしれません」

 10/20発売の週刊SPA!に掲載されている特集『私の[枕営業]全部バラします』では上記のような枕営業の実態を業界別に大調査。「まさかこんな業界にも……」と息をのんでしまいそうなエピソードが目白押しだ。また、「私はこうして枕営業を受けました」「意外といる!? 男が枕営業をする瞬間」などのエピソードも堂々掲載。いつあなたの身に忍び寄ってくるかもしれない“肉弾交渉”の実態をぜひとも熟読されたし! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!10/27号(10/20発売)

表紙の人/ 広瀬アリス

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中