“中年をこじらせた”イタいおじさん5つのタイプ――若者気取り、会社が命、上から目線etc.

 40歳になったからと誰もが「不惑」の境地に至るわけではない。むしろ人生の折り返し地点として惑ってしかるべきだ。仕事の業績が頭打ち、増えた体重が戻らない、流行にうとくなった、めっきりモテない……。四十路前後で誰もが直面するのが、こうした心身の変化に対する戸惑いだ。しかし、いつまでも若いつもりで問題を放置していると、いわば“中年をこじらせた”イタいおじさんになってしまうだろう。

 そんな“こじらせ中年”の代表的な5つのタイプを、男性が抱える問題を研究する「男性学」の専門家・田中俊之氏と、『男をこじらせる前に』などの著書を持つ著述家の湯山玲子氏に挙げてもらったのが下記の通りだ。

<“中年をこじらせた”イタいおじさん5つのタイプ>
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=991566

”中年をこじらせた”イタいおじさん5つのタイプ

“こじらせ中年”のイメージ。左から、「若者気取りおじさん」「会社が命おじさん」「上から目線おじさん」「クレーマーおじさん」「まだモテたいおじさん」

●若者気取りおじさん
自分が中年であることを受け入れられず、心はまだまだ20代。流行についていこうと必死だが、「LINEスタンプのチョイスがなんか違う」と陰で笑われている

●会社が命おじさん
「最近の新人は仕事をナメてるよな」と“デキる俺”を気取っているが、台風直撃の日に前泊して定時出社するただの社畜体質。出世街道からはとっくにコースアウト

●上から目線おじさん
若者はすべて無知で未熟と決めてかかるが、偉そうに講釈を垂れる情報はすべて10年古い。遠慮して誰も本心を言わないのを「尊敬されている」と勘違いしたまま

●クレーマーおじさん
常にお客様気取りで文句ばかり。テレビを見ながらAKBのコをブス呼ばわりするなど、流行りの文化をdisりたがる。Amazonレビューでボロクソの酷評を書きがち

●まだモテたいおじさん
恋愛対象がいつまでたっても女子大生や20代前半女性のまま。「40代男性は若いコにモテる」を妄信し、自分のことを西島秀俊や大沢たかおと同列と思い込んでいる

=================

 40代で急増するというこの“こじらせ中年”。その原因として田中氏はまず「自分の年齢を受け入れられていないこと」を挙げる。

“こじらせ中年”が急増中「この時期の男性は、自分の年齢に対する“感覚”と“現実”とがズレていて、“自分だけは例外的に若い”と思い込んでしまうことが多い。ズレてしまった“感覚”のほうを信じたくて、『お若いですね』といったお世辞も真に受けてしまいがちです」

 こうした思い込みが、「若者気取りおじさん」を生んでいるのだ。

 また、湯山氏は、日本の男性特有の「してもらって当然」というお客様体質が、「上から目線おじさん」や「クレーマーおじさん」を量産していると指摘する。

「これまで男性は、子供の頃は母親に、大人になったら会社に従えば、人間関係にコストと時間を割かなくてもやってこれた。つまり“お子ちゃま”でいられたんです。結果、今の40代男性には“サービスだけ受けたい”というセコい考えが染み付いています」

 会社に忠義を尽くせばなんとかしてくれるという受け身の発想は、「会社が命おじさん」がはびこる温床にもなっている。田中氏は、

「男性は所属する組織に依存しがちで、ブラック企業などから理不尽な待遇を受けてもおかしいと感じなくなってしまう。仕事一筋で生きた結果、定年後にやることがなくて途方に暮れる人も多いんです」と警鐘を鳴らす。

“こじらせ中年”が急増中まだモテたいおじさん」も厄介な存在だ。

 田中氏曰く、「40代になっても20代女性と付き合えるのは、ごく一部の男性だけ。私たち普通の男性がこれまでモテなかったのに、40代になって急にモテることはありません」とバッサリ。

 湯山氏も手厳しく、「カネやコネを目当てに若いコが近付いてくるのをモテと勘違いしていませんか。本当の女好きはめちゃくちゃ尽くす努力家で、俺様ぶってる男性には真似できませんよ」。

【田中俊之氏】
武蔵大学社会学部助教。社会学・男性学・キャリア教育論が専門。著書に『男がつらいよ』(KADOKAWA)、『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(イースト新書)など

【湯山玲子氏】
著述家・ディレクター。『スッキリ!!』(日本テレビ)、『バラいろダンディ』(TOKYO MX)レギュラー。近著に『男をこじらせる前に』(KADOKAWA)

イラスト/ポテチ光秀 ※写真はイメージです
― 40男が[即やるべき]行動 ―

男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋

 「男」で生きることが不自由でツラい男たちへ、鎧を脱ぐ方法、教えちゃいます! 

男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学

「男性学」の専門家が、「生きづらさ」の実態と生きやすくなるためのアイディアを解説する。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中