40代が会社でうまく立ち回るためにやるべき10のこと

40歳になったからと誰もが「不惑」の境地に至るわけではない。むしろ人生の折り返し地点として惑ってしかるべきだ。先の見えた会社でどう立ち居振る舞うか。劣化著しい体をどうメンテするか。老後までにいくら貯めようか……etc。即始めるべきことをプロに直撃した。

“先が見えた”そのとき僕らは何をすべきか<最低限の社内政治編>


社会保険労務士 高野美佳氏

社会保険労務士・高野美佳氏

 会社では上には気を使い、下からも叩かれるという板挟みとなる難しい年代である。「自分では働いているつもりでも、思ったように評価されないのが40代です」と語るのは、社労士の高野美佳氏だ。

「40代になると現場は若手に任せ、デスクワークが増えるため、周囲に働いてない印象を与えがち。だからこそ、仕事量や肩書に関係なく、『自分が働かないおじさんだと思われている』との危機感を持つべきです。その上で、多少過剰でもいいから、自分の働きぶりを周囲へアピールしましょう」

 まず、一番にケアするべきは自分の直属の評価者である上司。

「仕事で上司が自分に何を望んでるのか知るため、仮にイヤな上司だとしても月1回30分は2人きりで話すなどの時間をつくるよう意識を。ただ、上司にイエスマンすぎるのも露骨なので、上司の発言には『9割イエスで1割ノー』で対応しましょう。別に本心から反対意見を持ってなくとも、自分の意見を述べるだけで“自分の考えを持っている人”と思われるはず」

 だが、上司ばかり見て、部下や後輩をむげに扱うようでは、単なるゴマすり中年で終わってしまう。

「基本、悪い噂はすぐ伝わるので、部下や後輩、アルバイトなど、すべての人が評価者だと思うべきです。なかでも敵に回すと怖いのが女性社員。女性はひいきに敏感なので、ヘタに誰か女子社員に媚を売るよりは、全員を平等に扱うほうが嫌われずに済むと思います」

 また飲み会も、上司が愚痴を言う場ではなく、部下や後輩の不満を吸い出す場として、自慢話や説教はせず、聞き役に徹するのがベストだ。

「あとは、会議で部下や後輩の意見をさりげなくフォローしてみせたり、彼らが何かミスをしたときは自分が率先して謝るなどして、要所で上司・先輩アピールをすれば、下から『この人は頼れる』と思ってもらえるでしょう」

“先が見えた”40代が会社で「即やるべき10のリスト」 自分の周辺だけではなく、時には外に目を向けるのも大事。

「社内の全体のパワーバランスを知るためには、他部署に一人ずつ知り合いをつくっておきたい。あと、解雇や倒産に備え、社外に100人前後の知人をつくるよう意識を。これは本当に深い仲ではなく、SNSで交流する程度の“ウィークタイ”と呼ばれる浅い関係でOK。ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たると言いますが、万が一のときに相談すると『会社で人を募集している』などの情報が集まり、仕事が見つかることもあります」

 多少人付き合いが苦手な人も、自分の未来の保身のために、そのくらいの種まきは必要なのだ。

<会社でうまく立ち回るために即やるべきことリスト>

(1)会議で部下や後輩をフォロー
(2)上司の発言には1割NOを言う
(3)朝一で上司を何か褒めてみる
(4)月一で上司と2人きりで話す
(5)アルバイトとも評価者として接する
(6)女性社員はとことん平等に扱う
(7)飲みの席では部下や後輩の聞き役に
(8)部下や後輩のミスを自ら謝る
(9)他部署に1人ずつ知り合いをつくる
(10)100人の“ウィークタイ”をつくる

【高野美佳氏】
社会保険労務士。社労士オフィスなでしこ代表。著書に『人事部だけが知っている あなたの評価を上げる方法』(KADOKAWA)など

― 40男が[即やるべき]行動 ―

人事部だけが知っている あなたの評価を上げる方法

元人事部マネジャーが明かす、できる社員がやっていること。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中