「世界を旅して花嫁を探す」――46歳のバツイチおじさんは英語も喋れないのに本気でそう思い立った 【第2話】

 英語も喋れないのにたった一人で世界一周の旅に出る「46歳のバツイチおじさん」によるズンドコ旅行記が今回からスタート。日刊SPA!では、この模様を連載形式でお届けしていきます。前篇を未読の方は(http://nikkan-spa.jp/969247)をご覧ください。今回も、旅のイントロダクションとして、「なぜ46歳のおじさんが仕事を辞めてまで世界一周の旅に出ようと思ったか」をお送りします。

世界一周花嫁探しの旅【第2話 46歳のおじさんが世界一周の旅へ出る理由(後篇)】

妻からの突然の三行半。
離婚のショックから抜け出せず、創作意欲も湧かなくなり、
俺は窮地に陥った。
テレビマンというアイデンティティを失いかけていた頃、
俺は俺のために俺にまつわる取材を始めた。

「俺を、漢字一文字で表すと何?」

俺は真剣だった。
相手の迷惑も顧みず、カメラを片手に、時には友人のオフィスにお邪魔して
とにかく「俺を漢字一文字で表してほしい」とお願いしまくった。

友達の一人は戸惑いながらも「時」と答えた。
どうやら時間の感覚が人と違うらしい。
高校時代のバスケ部の得意技もフェイク。時を操ろうとしていたようだ。
仕事で五日間平気で徹夜とかするし、酒を飲み出したら異常に長い。
みんなが帰る瞬間に「から揚げもう一個!」って頼むらしい。

仕事仲間の一人は「渦」と答えた。
いろんなプロジェクトで、いつも、すごい流れの渦の真ん中に投げ込まれて、
阿鼻叫喚しながら仕事をしているイメージがあるとのこと。
プロデューサーとしてはまとめるのが大変みたい。

妻が家を出る日、同じ質問を尋ねた。

俺「俺を漢字一文字で例えると」
妻「何、それ?」
俺「いや、セルフポートレート作ってるの」
妻「……」
妻は明らかにあきれている。
俺「で、何?」
妻「……ーん」

妻は深く考え込む。
俺はそれをじっと観察する。
そして俺は、その様子を一眼レフで撮影し始める。
それを見て、さらにあきれる妻。

妻「…『奇』かな」
俺「え? 奇人の『奇』?」
妻「うん」
俺「……実は、俺が親父を漢字一文字で表すなら、『奇』なんだよ。……同じだ。遺伝って怖いな。やっぱ、奇人と住むの大変だよね。やっぱ」
妻「……そうだね」
俺「だよね。奇人の『奇』か。そうだよね。大変だよね、うん」
妻「でも、あなたの『奇』は奇跡の『奇』だよ。あなたまた、奇跡を起こすかもしれないじゃん。今まで何回も奇跡起こしてきてるし」

優しく笑う妻。

俺「……俺のこういうとこが、ダメなんだよな」
妻「うん、そうだね」

妻はまた、優しく微笑んだ。
そして、涙をこらえ、目を腫らし、家を出て行った。

ドアの閉まる音が聞こえた。
茫然自失。
何も考えられなかった。
妻のいない部屋は静かだった。
その夜、映画「奇人たちの晩餐会」を観た。
涙が溢れてきた。

「……俺だって、好きで奇人やってるわけじゃないんだよな」

後藤隆一郎

奇人には奇人ならではの悩みがある。
45歳の奇人は傷ついた。
人の気持ちがわからない奇人。
思いやりのない奇人。
キチガイという言葉に酔っていた奇人。
一ヶ月間、鬱状態が続いた。
いわゆる「どん底で、落とし穴ドッキリにひっかかった状態」が続いた。
飯を食う元気もない。
無気力。
人生なんてどうでもいい。
あぼーーーーーーーーーーん。
奇人は10キロ痩せた。

そんな時、座右の銘であるあの言葉が浮かんできた。
それはホワイトブッダの言葉。
不良に落ちぶれ、どん底に落ちた三井寿を救った言葉。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

そう、「スラムダンク」ファンが大好物なあの名言。
高校時代はバスケ部。大分県で準優勝。
膝の靭帯を切りながら最後まであきらめなかった。
だが、奇人は気づいた。恋愛においてそれは……

「あきらめなかったらそれはストーカーですよ」

になる。

「どうする?」
「どうすればいい?」
「どうすれば…」
「どうすれば…」
奇人は知恵を絞った。
「俺はだれだ? 俺は奇人。俺は奇人」
奇人なら奇人なりの行動があるはずだ。
「もう、俺にはこれしか残ってね~よ」
奇人は奇をてらう行動に出た。

「世界一周しながら嫁さんを探してやる!」

ということで、世界一周することにしてみた。
嫁への想いを断ち切るため、新しい何かを求めて。
人の心がわかる人間になるため!

「自分の中の何かを変えるんだ!」

生まれつき奇人なんだから、そこを否定してもしょうがない。
短所は長所だ。
傷心の奇人のおじさんは10月17日に誕生日を迎え46歳になった。
これから、おじさんの冒険旅行が始まる。
無計画、行きあたりばったり。
体力的にも最後の年齢。果たしてどうなることやら……。
あ、ちなみに英語はほんとに一切しゃべれません!

次回予告
「興味ないと思うけど、おじさんによる旅の断捨離編」を乞うご期待!


●後藤隆一郎(ごとうりゅういちろう)
後藤隆一郎IVSテレビ制作(株)のADとして「天才たけしの元気が出るテレビ!」(日本テレビ)の制作に参加。続いて「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)の立ち上げメンバーとなり、その後フリーのディレクターとして「ザ!世界仰天ニュース」「トリビアの泉」「学べる!ニュースショー!」など数々の番組制作に携わる。現在はディレクターを休業し、「大体1年ぐらい」という期間限定で花嫁探しの旅に一人で挑戦中。バツイチ、46歳、通称ごっつ。

― 英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」―

この特集の記事一覧

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中