史上初のMV集付き!『ザ・ビートルズ1』新装版の魅力と裏話を担当者が語る

 国内だけで300万枚超を売り上げ、世界的にも大ヒットした『ザ・ビートルズ1』の新装版が、11月6日(金)にリリースされる。全英・全米で1位を記録したシングル27曲の最新ミックスのほか、史上初の公式MV(ミュージック・ビデオ)集が収録されるなど、早くも大注目の同アルバム。早速、制作担当のユニバーサル ミュージックシニアプロデューサーの藤村美智子さんに話を伺った。

――ファン待望のMV集ですが、リリースに至った経緯を教えて下さい

ザ・ビートルズ1

『ザ・ビートルズ1』(C)Apple Corps Ltd.

 そもそも『ザ・ビートルズ1』発売時、反響が予想以上にあったので、(当時の発売元である)EMI社内でも「MV集を出したい」という話が出たんです。ただ、原盤を保持するアップル・コアとの調整もあり、ずっと先延ばしになっていました。

 その後も何度か話は出ていたのですが、近年再び、新しいプロジェクトとして「ビートルズの映像集を出してはどうか」という話が持ち上がり、今年ようやく発売することになりました。

――苦労した点などはあったのでしょうか?

 映像に関しては最高の仕上がりになるよう、復元作業は1コマ1コマすべて職人の手作業で行ってあります。ロンドンにあるチズウィック・ハウスという公園で撮影した「レイン」や「ペイパーバックライター」、あとは「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」は35mmフィルムで撮影されたものを4Kのクオリティに復元しているのですが、髪の毛1本1本が光るくらい鮮明になっています。

――違法なものを含め、ビートルズのMVは世にあまた出回っていますが、改めて今回のMV集の魅力とは?

 正直、私たちもビートルズに長年、携わっているので、彼らのMVを何度も観てきています。ただ、それでも今回の完成映像を観たときは驚きました。キャッチコピーにある「こんなビートルズ、見たことない!」というクオリティに仕上がっていると思います。

 また、『ザ・ビートルズ1+ ~デラックス・エディション~』のほうには「アイ・フィール・ファイン」や「レイン」などのオルタネイト版などレア映像も入っているので、そこはファンの方も喜んでもらえるのではないかと思っています。

 CDに関しても、ジャイルズ・マーティンがミックス作業を行うなど、手も時間もかけていますので、全く新しい作品のひとつとして、ビートルズの革新性や普遍性を再確認してもらえると思います。

――ほかに裏話などはありますか?

 『ザ・ビートルズ1+ ~デラックス・エディション~』のジャケット色の組み合わせはポール・マッカトニー本人が「青色がいい」という意見を取り入れたものです。あまりない組み合わせなので、周囲は驚いていたようです。

 ちなみに、数字の「1」を大きくあしらったあのデザインは、’00年の発売時のアップル社長であったニール・アスピノールが来日時、EMIミュージック・ジャパンの会議室で「こんなイメージなんだよ」と、資料の裏に落書きしたアイデアなんです。私自身、現物が届いて初めて「本当にこれなんだ!」と、驚いたのを覚えています。なので、これは日本で思いついたんですよ。

(C)Apple Corps Ltd.
<取材・文/日刊SPA!編集部 写真提供/ユニバーサル ミュージック>


『ザ・ビートルズ1』
http://www.universal-music.co.jp/the-beatles/products/uicy-77525/
『ザ・ビートルズ1+ ~デラックス・エディション~』
http://www.universal-music.co.jp/the-beatles/products/uicy-77527/

ザ・ビートルズ ユニバーサル ミュージック サイト
http://www.universal-music.co.jp/the-beatles/

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中