これってどこの国?「マカデミアナッツの原産地」「最低賃金が世界一高い」

・マカデミアナッツの原産地である
・世界第4位のワイン輸出国
・最低賃金が世界一高い
・経済規模は世界第12位、1人あたりの国民所得は世界第5位(2014年)

 さて、これはどこの国のことかおわかりになるだろうか? もしたったこれだけのヒントでわかる人がいれば、かなりの海外事情通と言えるかもしれない。

◆意外と知らない身近なあの国のこと

『かけがえのない旅のつくりかた オーストラリア篇』

『かけがえのない旅のつくりかた オーストラリア篇』

 正解は「オーストラリア」だ。マカデミアナッツといえばハワイだし、ワインといえばヨーロッパや南米を思い浮かべるのが普通だ。また、意外に高水準な賃金や経済規模に驚いた人も多いのではないだろうか。

 エアーズロックやグレートバリアリーフなど、日本人の海外旅行先としても人気が高く身近なはずなのに、意外と知らないことが多い国―そんなオーストラリアという国や経済のことを美しい絶景写真とともに教えてくれるのが、10月19日に発売された旅行本『かけがえのない旅のつくりかた オーストラリア篇』だ。

◆旅行本なのにお金の稼ぎ方まで!?

 まずこの本の特徴のひとつが、美しいオーストラリアの自然や、そこに住む人々の生活を切り取ったフォトトラベルガイドとしての側面だ。本書は70万人が「いいね!」したFacebookページ『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』の詩歩が監修しているので、そのクオリティの高さはお墨付き。グレートバリアリーフの青さや、夕日の沈むデインツリーリバーの絶景にうっとりすること間違いなしだ。

 そしてもうひとつの特徴が、オーストラリアの国や経済についての情報とともに、その国の通貨に注目した旅行資金の稼ぎ方のヒントまで掲載されていることだ。なぜ旅行ガイドに資金の稼ぎ方まで? 実はこの本、「トラリピ」などで有名なFX会社のマネースクウェア・ジャパンが、「思い出とお金を増やす、これまでになかった旅行の本」というコンセプトのもと、プロデュースしているのだ。

 つまり、その国の風景に魅了され、その国のことについて詳しくなり、その国の通貨で渡航資金を稼いで、実際に行ってみようというのがこの本の特長となっている。

 この『かけがえのない旅のつくりかた』は、これまでに「ニュージーランド篇」と「オーストラリア篇」の2冊が発売され、12月には「トルコ篇」、そして来年には「南アフリカ篇」の発売を予定している。まずは冒頭のような話のネタに、一度手に取ってみてはいかがだろうか? <文/日刊SPA!編集部>

かけがえのない旅のつくりかた オーストラリア篇

「死ぬまでに行きたい世界の絶景」の詩歩が監修

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中