まるでア・バオア・クー!! 巨大な1ポンド熟成赤身ステーキ【PR】

「ステーキガスト」の1ポンド熟成赤身ステーキ

「ステーキガスト」の1ポンド熟成赤身ステーキ

 手ごろな価格で、食べごたえのある美味いステーキを食べたい! 記者のようなたくさん食べたい肉好きにはおなじみなのが、すかいらーくグループのステーキ専門店「ステーキガスト」だ。「ガスト」は知っているけど「ステーキガスト」は知らないという人もいるだろう。北は東北、南は九州まで各地に141店舗ある。

 そんな肉好きの最前線で、現在行われているのが「ステーキ屋さんの熟成塊肉フェア」だ。数量限定で「ステーキガスト」自慢の熟成肉1ポンド(約450g)使った熟成赤身ステーキが提供されているのだ。価格は「1ポンド熟成赤身ステーキ」が2499円。ライスもカレーもパンもサラダもフルーツもスープも付いて(もちろんお替り自由)、この値段は安い。「ステーキガスト」は、グリル商品に20種類以上の食べ放題が付いているのにリーズナブルなのも特徴だ。

 この熟成赤身ステーキは、「ステーキガスト」で大人気の肩ロースから、さらに周りの固い部分を取り除いた芯の部分だけを使用。 ウェットエイジング法で1か月ほど熟成させることで、ジューシーで、適度に柔らかくかつ歯応えのある肉本来の味わいが楽しめるという。

 何はともあれ、さっそく行ってみた。

「ステーキガスト」の1ポンド熟成赤身ステーキ

実物を見れば、1ポンドの意外な巨大さがわかる!?

 1ポンドの塊というだけあって、注文してから調理に約20分かかる。空腹で訪れる際は、注文してから塊肉との邂逅まで、ちょっと我慢しなければいけないことを覚えておきたい。もちろん待っている間、サラダなどで空腹を紛らわせてもいいが、記者は1ポンドの肉塊が焼けていく様に思いをめぐらせながら、サラダなどは一切食べず、コーラをひと口飲んだだけで待つことにした。

 座席が厨房に近いからなのか、肉が焼ける、何とも言えないステキな匂いが漂ってくる。だんだん待ちきれなくなり、店員さんに「僕の肉はまだですか!」と言いたくなったころで、肉塊登場である。

 こ、これはまるでビグ・ザム、ソロモン、いやア・バオア・クーだ!!(ガンダム世代以外の人にはスイマセン。ただデカいと言いたいだけです) 1ポンドは、意外にも巨大な肉塊だ。

 前置きが長くて申し訳ない。待ち焦がれた1ポンド熟成赤身ステーキにビームサーベルならぬ、ビーフサーベルを入れる。ほどよい感じの焼き加減で、スバらしいミディアムレアな仕上がり。美しい肉の断面が現れる。塊肉にもかかわらず、簡単にナイフで切れた。が、そんなことは、もはや飢狼の記者にはどうでもいい。肝心の味はどうなのか?

焼き肉の翌日でも完食できる美味しさ!

焼き肉の翌日でも完食できる美味しさ!

 柔らかすぎず、硬すぎず絶妙な食感で美味し! 約1か月の熟成期間を経た肉は、い~い感じの弾力だ。当然ながら肉のうまみも強く、ほどよい脂の乗り加減もGood! 絶妙なバランスだ。サラダには目もくれず、肉を口に入れては白飯、そしてまた肉というエンドレスリレーであっという間に完食。サラダとドリンクは、あとから楽しんだ。

 前夜、たらふく焼き肉を食べたにも関わらず、あっさり完食できる美味さと申し上げよう。食べれば食べるほど、肉塊と記者のシンクロ率は上昇。巨大な1ポンドの肉塊も、男なら楽勝だろう。

「ステーキガスト」の1ポンド熟成赤身ステーキ

「1ポンド熟成赤身ステーキドリンクセット」2698円

「ステーキガスト」の1ポンド熟成赤身ステーキは2499円、2人分のサラダバー食べ放題が付いた2人様セットは2999円。記者は1人でペロリだが、女性同士なら2人でシェアしてもいい。

 ちなみに「ステーキガスト」では「体ごとステーキにうずもれたい!超巨大熟成塊肉ッションプレゼント」企画を実施中。1ポンド熟成赤身ステーキのような見た目で、制作費約80万円という超高級クッションが1名に当たる。自宅のリビングで、熟成ならぬ熟睡するのにいいだろう。キャンペーンサイトにはお得なクーポンも配布されている(QRコードで簡単に入手可能)。

「ステーキガスト」の「ステーキ屋さんの熟成塊肉フェア」は、毎日数量限定で提供される。この肉塊に、キミは巡り会うことができるだろうか? <取材・文/日刊SPA!取材班 写真/我妻慶一>

【キャンペーンサイト】
「ステーキ屋さんの熟成塊肉フェア」

※記事内の価格表記は、すべて税別です。

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中