『007』最新作に登場する元WWEスーパースターとは誰だ!?

 ジェームズ・ボンド・ムービーの最新作『007スペクター』(サム・メンデス監督)で、元WWEスーパースターのバティースタが大暴れしている。

『007 スペクター』でミスターヒンクス役を演じるバティースタことデイヴ・バウティスタ

『007 スペクター』でミスターヒンクス役を演じるバティースタことデイヴ・バウティスタ

 キャストのクレジットでは、バティースタではなくて、デイヴ・バウティスタDave Bautistaという本名が使われている。バティースタはWWEのキャラクター=リングネームだったから、映画俳優としてはデイヴ・バウティスタという名前のほうがメジャーになっていくのだろう。ちょうど、ザ・ロックよりもドウェイン・ジョンソンのほうがポピュラーになった現象と同じだ。

『007スペクター』のメディア配布用資料のキャストのページには、バティースタ――このコラムは“プロレス講座”なので、あえてバティースタと記す――がこんなふうに紹介されている。

「1969年1月18日アメリカ ワシントン生まれ。プロレスラー・総合格闘家としてのバウティスタは、WWEで6度の世界チャンピオンに輝き、国際スポークスマンとして活躍した。俳優業に専念するため、2010年に引退。マーベル・スタジオの映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)にドラックス役で出演。2017年公開予定の続編にも出演予定である」

「最近ではリュック・ベンソンらがプロデューサーを務める『Warrior’s Gate』(2015)にも出演。これまでの作品には『リディック:ギャラクシー・バトル』(2013)、TVシリーズでは『ヤング・スーパーマン』(2006)、『CHUCK/チャック』(2010)などがある」

 バティースタが演じる“ヒンクス”は、この映画のなかでローマ、大雪のオーストリア、サハラ砂漠に向かう列車内と合計3回、ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)と対決している。

『007 スペクター』

『007スペクター』より

 ボンドが運転するアストロマーティンDB10とヒンクスが運転するジャガーC‐X75が夜のローマを疾走するカーチェイスのシーンでは、2台の自動車が猛スピードで並行して走りながら、ウィンドーごしにヒンクスがボンドに不気味にほほ笑みかける場面がある。

 “殺し屋”が主人公に向かって無言でニヤリと笑うシーンでは『ブラック・レイン』での松田優作の――バイクを走らせながらの――“ニヤリ”があまりにも有名だが、バティースタの“ニヤリ”もかなりダークなテイストを出している。

 オーストリアの雪山では、ボンドが操縦するセスナ機とヒンクスとその仲間たちが運転する黒の4DW車による空と山道の追跡シーンがあるが、ここではヒンクスが乗った4WD車が大炎上。ヒンクスは死んだかと思われたが、場面が変わる直前、倒れたヒンクスの指先がピクピクッと動くことで、映画を観ているオーディエンスは「あ、まだ死んでない」と察知するというわかりやすい演出になっている。

 走る列車内での決闘シーンでは、ボンドは――ヒロインのマドレーヌとの晩餐のため――白のタキシード姿、ヒンクスはダークグレーのスーツ姿で車両から車両を移動しながら殴り合いを演じる。ボンド映画のアクション・シーンでは、ボンドがスーツを着用していることが“鉄則”とされているというが、いきなり食堂車に現れるヒンクスも――セオリーどおり――ちゃんとスーツを着ている。ヒンクス=バティースタは、体が大きくで、顔もコワくて、とにかく殴っても殴っても倒れない。

『007 スペクター』

『007 スペクター』より

 ボンドがどうやって不死身の悪役ヒンクスをやっつけるかは、映画を観てのお楽しみ。バティースタがスクリーンに映っている時間がかなり長いが、セリフらしいセリフは、いちばん最後に叫ぶ「クソッ」というひと言だけだった。

 ジェームス・ボンドと殴り合いを演じたプロレスラーとしては、シリーズ第3作『007ゴールドフィンガー』(1964)でショーン・コネリーの初代ボンドと闘ったオッド・ジョブ役の日系レスラー、ハロルド坂田が有名だ。バティースタも、ボンドと素手による殴り合いの決闘シーンを演じたことで、「007に出ていたあの人」として世界じゅうの映画ファンに記憶されることになるのだろう。

斎藤文彦

斎藤文彦

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※「フミ斎藤のプロレス講座」第60回

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

●『007 スペクター』公開情報
11月27日(金)、28日(土)、29日(日)先行公開
12月4日(金)全国公開
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
SPECTRE (c) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中