靴にコンドームを被せて防水対策…日本製品は海外で意外な使われ方をしている

コンドームを活用した画期的靴防水法

コンドームを活用した画期的靴防水法(新浪微博の投稿より/http://weibo.com/1651618343/eCFm1H9coQB)

 国が違えば文化も違う。何げない日本製品が、外国では意外な使われ方をする事例も多々あるようだ。

 まず、来日した外国人旅行客の恰好の餌食になるのが、日本のホテルに常備される電気ポット。

「来日した中国人のクライアントはホテルの電気ポットでラーメンを作り、インド人はポットにスパイスをぶち込み、カレーを作っていた」(44才・商社)など、故郷の味の再現に一役買っている様子。

 そして、日本食のなかでも汎用性が高かったのが「ふりかけ」だ。

「カナダ人の友人が来日時に、『スナックみたい。これは酒のつまみにいいね』とふりかけを大絶賛。大量購入していった」(31歳・印刷)、「アメリカ人の知人は、ホットドッグや目玉焼きの味付けにふりかけを愛用。時々『なくなったから、送って』と連絡が来る」(41歳・商社)

 そのほか「フランス人の家に行ったら、なぜか室内に仏壇が。『キャビネットとして雑貨を飾るのに最適よ』と言われて戸惑った」(35歳・食品)、「北欧で日本製の陶器のおまるを水桶として利用している人がいて、注意するべきか迷った」(33歳・製造)など、本来の用途を知らぬがゆえの驚きの使用法も。

 極めつけは、「コンゴではマラリア対策に寄付された日本製の蚊帳が、漁網やドレスに再加工されている」(39歳・製造)、「数年前、中国で『靴にコンドームを装着すると水が染みない』という書き込みが拡散。これは某メーカーのPRだと後に発覚したが、中国人の知人は、雨の日にはいまだに薄くて頑丈な日本製コンドームを防水グッズとして愛用中」(34才・教育)との事例。

 ユニークすぎて真似できないものばかりだが、その発想力に脱帽だ。

 11/10発売の週刊SPA!「あの商品の”意外な”使われ方」では、家電から医薬品まで本来とは異なるけど、便利?な使い方をされる数々の品々をピックアップ。

 もちろん、あくまでも正規の使い方ではないので真似はしないほうがいいかもしれないが、その驚きのイマジネーションをご覧頂きたい。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!11/17号(11/10発売)

表紙の人/ 新川優愛

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中