もっとも簡単な自己啓発は「服を着替える」こと――外見が変われば内面も変わる

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第50回目をよろしくお願いします。

 私がファッションについて語り、解説しているのは何も「おしゃれ」という観点にとどまりません。実はファッションは最高の自己啓発であり、自分をてっとり早く簡単に変えてくれる超優良なツールなのです。今日はファッションがあなたにもたらす変化、優位性を三つ紹介しましょう。

ファッションの効能①「簡単に自分を変えてくれる」

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 ありとあらゆる自己啓発本やセミナーでは「マインドを変えなさい」と教えられますが、そう簡単に自分の内面や気持ち、長年慣れ親しんだ姿勢や習慣を変えることはできません。セミナーなどでは、そのときこそ「なるほど!」と感心したとしても、一日寝て次の日になればいとも簡単に忘れてしまうものです。セミナーや自己啓発は基本的に抽象的な概念を教えてくれますが、それを自分の仕事や生活に応用するには「具体的に落とし込む」という作業が必要となります。

「好きなことをやりなさい」と言われても好きなことってなんだろう……、寝るのが好きだからずっと寝ていていいのかな……? という具合に、なかなか実生活において具体的には落とし込めません。格言や自己啓発などが役に立ちにくいのはこのためです。

 しかしファッションは違います。「ファッションなんてしょせん外面的なものじゃないか」と思うかもしれませんが、誰しも新しい服を着たときの高揚感や、背筋が伸びるイメージは経験したことがあると思います。ファッションは外面的なものですが、実は内面に大きく影響を与えます。「外見にこだわるなんて無意味、中身にこだわりなさい」と「偉い人」は言いますが、中身を変えるのはそんなに簡単ではないのも事実です。

 ファッションなら服を着たその瞬間に外見が変わります。そして外見が変わったと本人が自覚できれば、勝手に内面が変わります。端的にいうと自信が生まれます。自己啓発やセミナーなどでいくら苦心してもなかなか変えられない内面が、服を着替えることで一瞬にして変わり、堂々とした自信が得られやすいのです。

ファッションの効能②「自分を客観視できる力がつく」

ファッションで自分を客観視できる力をつけよう 人の悩みの9割は「人間関係」です。人によく思われたい、人に認めてもらいたい、種々の問題は辿ってしまえばそういった人間関係から発生するものです。人間関係を円滑にするには自分を客観視して、相手にどのように思われているか、どんな印象を与えるかを自覚して配慮することです。

 ファッションは客観的な視点において自分を良く見せるものです。自己満足で好き勝手に洋服を着る人ももちろんいますが、多くの場合、「他人に見られたときに格好よく思われたい」という観点から洋服を考えます。

 プレゼンで成功したいと思えば重厚なダブルのスーツにしたり、彼女とデートするならテーラードジャケットなどキレイめのカジュアルを選んでみたり。こうした人の目を意識した服選びの積み重ねは、客観的に自分を「見る」訓練となります。

 また、ファッションが決まれば態度やしゃべり方にも変化が現れます。「コスプレ」をイメージすればわかりやすいのですが、人は衣装を着ることで性格が変わります。スーツを着れば大人びた対応を取るようになり、スウェットにデニムであれば誰もが肩の力が抜けるものなのです。

 客観的な視点を意識して選んだ洋服はあなたの態度や言動まで変えます。あなたをその場その場の適したスタイル、態度、言動に整え、人間関係を円滑にしてくれるツールがファッションなのです。

ファッションの効能③「他人と差別化する力がつく」

 また「おしゃれ」とは「他人と違う」ということです。他人と違う格好をして、その他大勢と印象が違うからこそ、「おしゃれ」だと認識されます。おしゃれは「差別化」の賜物です。

 仕事や恋愛も同じ。同じ行動をとっていれば、おおむね同じ結果しか得られません。人と違う行動をとるからこそ、違う結果が生まれるのです。

 ファッションはこうした他人と差別化する意識を育んでくれます。おしゃれも仕事も恋愛も同じです。「差別化」が大事であり、いかにして人と違うことを、人と差をつけた服装を、人と違う行動を、と考える癖をつけてくれるのです。

 たかがファッション、されどファッションです。

 今日からすぐにでも実行できる、もっとも簡単な自分の変え方がファッションです。私が配信しているメールマガジンには読者から数多くの感想をいただきます。

「自信が出て外を歩くのが楽しくなった」「生活に潤いと活気が出て、仕事の生産性も上がったように思う」と週に何件もの喜びが届きます。「いまさら服なんて」と抵抗を感じる人も多いでしょう、しかし、「簡単に自信がつく方法」としてファッションほど気軽なものはない、と私は断言します。〈文/MB〉

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 9月17日に初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』を扶桑社より発売

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中