洗濯機、食洗機、コーヒーメーカーで料理を作ってみた

時として、決まりきった使用方法を無視して予想外の使い方をする人々がいる。果たしてこれらはイノベーションなのか、無謀な行為なのか?そんな「意外な使用方法」を集め、検証してみた。

◆食洗機で調理する強者に胃薬が創出するインドの味

「オムレツがふわふわに」(30歳・女)、「炒飯がパラパラに」(44歳・男)など、乳化した油が作用し、調味料としてではない機能を発揮するのがマヨネーズ。一方、調味料ですらないのに、妙な効果を発揮するものも。それは、「太田胃酸」。

「カレーの隠し味に投入すると、本場の味わいになる」というのは複数から得た証言だ。

カレーの隠し味がまさかの胃薬!? 料理で役立つ“意外なモノ” そして、調理器具も「専用」のものがなくたってどうにかするのが「代用品派」の逞しいところ。

 ただ、「ガスコンロのグリルでトーストを焼く」(37歳・女)との意見には頷けるが「食洗機で魚を調理する」(40歳・女)には驚きだ。

「魚をアルミホイルで防水して投入、水温を70℃にすれば茹であがる」とのこと。焼いたほうが早い気も。

 また、「料理を日持ちさせるため圧力鍋を使う」(30歳・男)との証言も実は、科学的根拠に基づくもの。

「加圧調理はある程度、耐熱性の細菌を殺せるので、冷蔵と組み合わせれば食品の長持ちが期待できる」(神奈川工科大学澤井淳教授)という。まさに「料理は科学」だった。

◆コーヒーメーカーで→お手軽料理が作れるがお手入れはしっかりと
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=979527

コーヒーメーカーで→お手軽料理

コーヒーメーカー

 コーヒーメーカーは蒸らして沸かす機能があり、料理に使用できる。粉を入れる部分にブロッコリーなどの野菜、コーヒー受けには鮭などの切り身魚に下味をつけて入れる。4~5人分の水量でスタートすれば、簡単プレートの完成。味は後で好みに調節しよう。

◆洗濯機で→野菜やタコの脱水に使える!?
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=984107

「脱水でキャベツの水切り、塩水でタコを洗えばヌメリ除去できる」(35歳・女)と聞き、実験。確かに、自動かつ短時間で作業が終わるのはラクだが……。洗濯槽の汚れが野菜に付着しそうだし、逆にタコのヌメリや生臭さが衣類に付着しそうで、実用的とは言えない。

◆たこ焼き器で→シュウマイ、エスカルゴ、アヒージョ……と盛り上がる!
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=979560

たこ焼き器

アヒージョ

 昨今、関東での売り上げが関西を抜いたとも噂されるたこ焼き器。さっそく、エスカルゴ、シュウマイ、魚介をオリーブオイルとガーリックで熱したアヒージョを試作。シュウマイはカリカリで蒸したほうがよさそうだが、全体に特別感漂う宴が楽しめておすすめだ。

◆炊飯器で→ホットケーキを焼けるけどフライパンのほうが早そう
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=979563

炊飯器で→ホットケーキ

ホットケーキ

 いろいろ作れると評判の炊飯器。簡単にできるというのでホットケーキを焼いてみた。タネを作って釜に入れ、スイッチオン。待つこと20分弱。開けるとタネは液状部分が残る。再炊飯したが、完全には固まらず。できなくはないが、フライパンのほうが確実かも。

※この特集は巷の声をもとに検証したものです、これらの使われ方を推奨するものでありません。
― あの商品の“意外な”使われ方 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中