年末年始のぼったくりに注意! 錦糸町では多国籍パブでの被害多発中

年末年始のぼったくりに注意! 錦糸町てば多国籍パブでの被害多発中

「亀戸ぎょうざ交差点」が“客引き激戦区”。数人の警察官が一列になり警戒に当っていた

 年末年始の繁華街は厳戒態勢! 歌舞伎町の「徹底取り締まり」に屈した詐欺グループが稼ぎ始めた新たな盛り場は?

 当局は来る五輪に備え、東京スカイツリーのお膝元にある盛り場・錦糸町も重点警戒地区に挙げている。かねてから日本人や中国人、台湾人、インド人、バングラディッシュ人など、多国籍な客引きたちや飲食店が乱立しているためだ。

 駅南口のデパート・丸井の裏手が最も危険なエリアだ。中国人女性の客引きは「60分3000円」と小額の料金をチラつかせ、タケノコ剥ぎ(基本料金を安く設定し、追加料金で多額な請求をするぼったくり方法)を狙う。日本人男性の客引きも「60分3000円」のセット料金を提示するが、中ではホステスが勝手にドリンクを頼むプチぼったくりが横行している。台湾女性は執拗な色香で誘い、両方の手口で客を路頭に迷わせる。

 しかし、それらはまだ可愛いほう。注意したいのはバングラディシュ系の客引きが誘う多国籍パブだ。

「手口は日本人同様にドリンクを勝手に頼んだり、確認のないままホステスの指名料が上乗せされる、いわゆるプチぼったくりですが、とにかくしつこさがハンパない。客に数十分つきまとい、根負けさせ強引に入店させるのです」(錦糸町の風俗案内所店員)

 彼らが生息する地帯は南口駅前、ダービー通りなど繁華街全域にわたる。また新たな猟場を求め、歌舞伎町の詐欺グループの流入も始まりつつある。駅南口を背にして右側の一本道、ピア錦糸町通りは比較的客引きが少ないが、台湾系女性の強引な勧誘が多発する。

※11/17発売の週刊SPA!では、「[ぼったくりグループ]地殻変動を追う」という特集を掲載中
<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!11/24号(11/17発売)

表紙の人/ 宮脇咲良(HKT48)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中