バスケ界のレジェンド・長谷川誠が統一リーグを語る「プロリーグがないことに歯がゆさを感じていた」

秋田ノーザンハピネッツ・ヘッドコーチの長谷川誠 高校、大学時代からタイトルを総なめにし、実業団では初年度に新人王とMVPを獲得。日本人初のプロ選手、そして日本人初の海外挑戦と常にパイオニアであり続けた“レジェント”は今、故郷でプロチームのヘッドコーチを務めている。対立関係にあった2リーグを統合し、新リーグ誕生まであと1年。日本バスケットボールの今を聞くべく、日本屈指のバスケ王国・秋田へ向かった――。

 1つの国に2つのトップリーグが並立する異常事態に国際バスケットボール連盟から制裁を受け、国際大会への参加を禁じられるなど、混迷を極めた日本バスケットボール界。話し合いが進まなかった両者が歩み寄り、’16年秋から、統一されたBリーグがスタートすることでようやく制裁が解除された。リーグ統一前、最後のシーズンを迎えたTKbjリーグ(以下、bjリーグ)の秋田ノーザンハピネッツで指揮をとる、長谷川誠ヘッドコーチにその胸の内を聞いた。

――2つのリーグの統一は難しく、五輪予選に参加することさえ叶わないのではないかと、心配するファンも多かったと思います。ようやく統一リーグの発足が決まっての今の率直な感想をお聞かせください。

長谷川:日本にもプロチームがあり、プロとして活動する選手もいるのにプロリーグがないことに現役時代から歯がゆさを感じていました。bjリーグが誕生してそこは解消されましたが、結果としてトップリーグが並立する状態になり、昨年の制裁で日本代表の活動が制限されてしまった。僕自身、現役時代は五輪に出ることを大きなモチベーションにしていたので、五輪への道が閉ざされてしまった現役選手の気持ちを考えるといたたまれなかった。

――しかし、指揮官としては喜んでばかりもいられないと思います。来シーズンはBリーグの1部で実力に勝るNBLのチームを相手にしなければなりません。企業が保有するチームは手厚いバックアップを受けているので、いい選手を集めやすい。これらと戦っていくのは大変だと思います。

長谷川:正直、ウチの実力はBリーグなら2部レベル。実業団チームと実力差があるのは事実ですよ。選手の給料だって下手すれば倍は違う。それでもbjでの成績、バスケどころである秋田の熱心なブースター(ファン)の皆さんの後押しもあって1部でプレーする機会を得ることができた。自分自身、生まれ故郷の秋田でハピネッツに関われることは本当に恵まれていると思うし、選手もそれを自覚しながら今まで以上に高い意識でやらないといけない。僕から見れば、まだまだプロとして足りない部分もあるので、そこは自分の経験を伝えていきたいです。練習では選手と1対1をやりますが、まだまだ彼らには負けないですよ。スターターの5人とやって自信を失うと困るから、控えの選手としかやらないけど(笑)。

――ご自身の経験のお話が出ましたが、長谷川さんのキャリアは輝かしいものがあります。バスケを始めたのはいつ頃ですか?

長谷川:小学5年生です。でも当時一番好きだったスポーツは野球で、6年生の秋までは中学で野球をやるつもりでした。それが6年生の冬にミニバスケットボールの試合で、県の決勝まで行き、とんとん拍子で東北大会に出場できた。バスケが面白くなり、それで中学から本格的にやろうと決めました。

――長谷川さんが通っていた中学は強かったのですか?

長谷川:1つ上の学年が全国大会に出場、2年連続県大会の決勝に出ていました。

――そして、バスケ王国秋田で最強であるだけでなく、当時、全国最強でもあった能代工業高校から誘いがありました。

長谷川:中学の県大会で2年連続優勝して、3年生の東北大会で3位。大会が終わるとすぐに能代の加藤(廣志)監督が、車で片道3時間以上かけて自宅まで来てくださいました。それまで能代進学を考えたことはなかったですし、強い学校だということしか知りませんでした。

――能代に進学する決心をした理由は?

長谷川:わざわざ、来てくれたということで、親も喜んでいましたし、自分が認められたという誇らしさもありました。いまだに覚えていますが、僕の手を見た先生が、「この手は将来、日本代表選手になれる手だ。バスケットで日本一になる手だ」と言ってくれたんです。日本一なんて想像したことすらなかったので、驚きましたが、心に残ったし、うれしかった。その場でOKしましたよ。

――能代ではどうでしたか?

長谷川:中学でもそれなりのレベルでやっていましたが、僕の想像の遥かに上をいく厳しさ。能代は自分が入った頃にはすでに25回以上も全国大会で優勝している強豪。優勝して当たり前、が伝統でしたから。

 インタビューはまだまだ続きますが、その模様は11/17発売の週刊SPA!に掲載されているインタビュー連載『エッジな人々』にてご覧ください。

<取材・文/小野寺俊明 撮影/増田岳二>

週刊SPA!11/24号(11/17発売)

表紙の人/ 宮脇咲良(HKT48)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中