アイススケートデートは女子がときめくポイントが多い。滑れなくても問題ナシ!

人肌恋しく、イベントも目白押しでモテにはもってこいの冬。何かと出費も多くなってしまう季節だが、実は女子が注視しているのは、細やかなジェスチャーや気遣いといった、江戸しぐさならぬ“モテ仕草”。そんなモテ仕草を披露する絶好の機会が冬の定番イベントだ。面倒にも思えるが、カネや技術だけでモテたのは昔の話。細やかな優しさで差がつく今こそ、“モテ仕草”でチャンスを掴め!

◆“滑れない自分”をどんどんアピールせよ!【スケートリンク】

スケートリンクで“滑れない自分”をアピールせよ スキーやスノボよりも気軽に行けて、かつスポーティなスケート。20~30代の一般女性100人を対象に行ったアンケート調査で最多の34票を集めたのは、“スケート靴の紐を結ぶ”という仕草だ。

「靴が履けなくてもたついていたとき、靴紐を結んでくれたのにはドキドキした」(35歳・医療系)

 女性が困ってもいないのに結んであげるのはただのおせっかい。もたついていたら手伝う、“お父さん感”が大事なのだ。

 2位には滑れないことを逆手にとった仕草がランクイン。「下手に滑れるよりは滑れなくて怖がっているぐらいがカワイイ。バランスを崩して掴まってきたり、転んだあと照れくさそうな表情をしたりするのがたまらない」(28歳・サービス)というように、むしろうまく滑れないほうがモテに繋がるほど。転んでもそれを恥ずかしがらず、積極的に楽しんでいることをアピールするべきだろう。

 では、滑れる人はどうすればいいのか。その答えがアンケートの3位・4位に入ったモテ仕草。

気軽に楽しめるスケート「自分のペースに合わせてゆっくり滑ってくれると嬉しい。たまに優しく腕を掴んで引っ張ってくれると、うまく滑ってる気分が味わえて爽快感がある」(20歳・学生)

「転んだら笑いながら手を差し伸べてくれる」(24歳・営業)

 など、スケートリンクでは相手を導くような仕草が好まれる。テクニックを見せつけたり、無理に教えるのではなく、面倒を見る方向で技術を生かしたほうがよさそう。

 また、寒いリンクの上で体を動かすスケートでは、うまく休憩を取ることも大切なポイントに。

「『温かいコーヒーを買ってくるから待ってて』と言って自分から休憩時間をつくってくれる」(30歳・商社)など、彼女が言い出す前に休むタイミングをつくることがモテ仕草というわけだ。

 どうしても巧拙を意識しがちなスケートデート。しかし、女心を聞けば上手だろうが下手だろうが、モテ仕草は存在するので実力に応じて選ぶのが吉だろう。

<男のモテ仕草ベスト5 ~スケート編~>

●1位…自然とスケート靴の紐を結んでくれる
もたついている女子をさりげなく助けることで、“気の利く男”をアピールせよ!

●2位…滑っているときに掴まってくる
滑れないならカッコつける必要はなし! 恥ずかしがらずに思い切り転ぶほうが好印象

●3位…ゆっくりと滑ってくれる
スケートの達人でもそれは見せずに女子のペースに合わせてあげることがポイント

●4位…転んだときに手を差し伸べてくれる

●5位…小まめに休憩を挟んでくれる

― 女子100人がときめく[冬のモテ仕草] ―

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中