健太と死神、珍コンビのブラックバイト体験――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。

連続投資小説『おかねのかみさま』
今週もタメになることはひとつもありません。

※⇒前回「どうもならないです」

大川弘一「おかねのかみさま」〈第11回 仁上さん〉

「俺、なんか間違ってたかな。自分の命削って、お金にして、ギャンブルして、負けて、株やって、株も負けて、これ以上命削ったらいつ死んじゃうかわかんないし、こんなことになったら誰だってみんなもうマジメに働こうと思うに決まってるじゃん。ねぇ、死神さん。俺、間違ってるのかな」

「ワカンナイ」
「モヤシついてるよ」
「アリガト」

「どうしたらいいんだろう。俺、マジメに働けばいいのかな」

「テツダウ」

「え?」
「バイトスル」

「!!!なんでよ!死神さん!死神さんなんか雇ってくれるとこないよ!」

「シクシク」

「あ、ごめん、その、そういう意味じゃなくて、ほら、お店とかだと、ほら、俺は慣れてるからいいけど、たぶんその、みんな、ビックリするとおもうんだよね、ハロウィンじゃないし」

「ダイジョブ。ヒトデブソク」

「そりゃそうだけどさぁ。人手不足になってるのって、結構たいへんなバイトばっかりだよー引っ越しとか、居酒屋とか、ブラック企業だってたくあんあるんだし」

「ヤル」
「やるの?」
「ヤル」

「…」

「イッショニヤル」
「一緒に!?」

※   ※   ※

「ヤル」
「そんなこと言っても…」

「ヘタレ」

「えっ?」
「ナンデモナイ」

「…」
「…」

「わかったよ。なんか探してみる。居酒屋で、俺が接客で死神さんが裏方に回ればなんとかなるんじゃないかな。面接いってみようか」

「ハーイ!」

----
居酒屋 リグレット
----

「こんにちわー」
「コンニチワー」

「いらっしゃいませ!」

「あ、バイトの面接に来たんですが…」

「あー、はい。じゃ、奥の部屋きてくれる?」
「はい」

「カンジワルイ」

「しー!」

「ふたり?」
「はい!」
「なんか、変わった感じの友達だね」
「はい!いえ、あの、友達っていうか、近所の人で」
「モジモジ」

「ま、いっか。じゃ、履歴書見せてくれるかな」
「はい」
「ハイ」

「…」

「あのー」
「ん?」

「ここって、皿洗いとか、お客さんと接しないようなお仕事ってありますかねこのひと、ちょっと恥ずかしがり屋なところがあって、あんまり表に立つ仕事はしたくないって言ってるんです」

「あー、うーん。食器洗浄機あるから皿洗いはないけど、料理覚えてくれたら料理担当で中でお願いすることになるけど、どう?」

「ヤリマス」

「やるの!!!?」
「ま、簡単だから。全部用意されてるものをそのまま出すだけ。すぐできるよ」

「よ、よかったね…」
「ウン!!」

「じゃあさっそく、端末の使い方だけ覚えてくれたら、今日から働いてもらえるけど、ちょっとやってみる?」

「やります!」
「ヤリマス!」

「じゃあ健太くんはフロアで、居酒屋来たことあるだろうからだいたいわかるよね。ニガミさんはさっそく料理覚えてください」

「ニガミさん?」
「ミョウジ」
「あ、うんそうだったね。はい」

「じゃ、これよろしく。今日は金曜だからちょっと忙しいとおもうけど好きなだけ働いてって」

「ありがとうございます!」

14時間後

「シニタイ」
「うん」
「ヤキトリヤキトリヤキトリダシマキチューハイチューハイチューハイカラアゲポテトチューハイチューハイチューハイ」
「うん」
「ツライ」
「うん」
「…」

「死神さん、元気だしなよ」
「シクシク」

「慣れてきたら、きっともっと楽だよ。今日はたまたま初日だったからあんな感じだったけど、慣れちゃえばさ、きっと何も考えずに働いて、いつのまにか一日終わってるから大丈夫だよ」

「ソレガイヤナノ…」

「…」

「ダッテ…ソレジャ…」

「なに?」

「ナンノタメニイキテルノ?」

「!!!そりゃ!食べていくためだよ!死神さんだってもう家族みたいに住みこんでるし!最近ちょっと距離も近いし!だんだん食べる量が増えて来てる感じもあるから、なんとかしなくちゃって思うじゃん!だって!俺が働かなくなったらふたりとも死んじゃうんだよ!」

「デモ…」

「でもじゃないの!俺は投資に向いてないんだから!もうマジメに働くしか道が残ってないんだよ!大学出て就職するまでは、長い時間ガマンして働いてその分のお金をもらうしかないんだよ!」

「デモ…」

「なんだよ!」

「カミサマユッテタ…」

「え?」

「オカネノカミサマユッテタ」

「な、なんて?」

「ケンタ、オカネノカミサマニナルッテ」

「え?」

次回へつづく

【大川弘一(おおかわ・こういち)】
1970年、埼玉県生まれ。経営コンサルタント、ポーカープレイヤー。株式会社まぐまぐ創業者。慶応義塾大学商学部を中退後、酒販コンサルチェーンKLCで学び95年に独立。97年に株式会社まぐまぐを設立後、メールマガジンの配信事業を行う。99年に設立した子会社は日本最短記録(364日)で上場したが、その後10年間あらゆる地雷を踏んづける。

Twitterアカウント
https://twitter.com/daiokawa

2011年創刊メルマガ《頻繁》
http://www.mag2.com/m/0001289496.html

「大井戸塾」
http://hilltop.academy/
井戸実氏とともに運営している起業塾

〈イラスト/松原ひろみ〉

逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録

この特集の記事一覧

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中