吉本新喜劇座長・すっちーの座長論「緊張させない雰囲気づくりが大切」

須知裕雅 昨年の東京初公演に続き、今年も年末に開催される「東京グランド花月」(場所:池袋サンシャイン劇場)。錚々たるお笑い芸人が出演するなか、吉本新喜劇の新座長として東京で初めて新喜劇を披露するのは、“すっちー”こと須知裕雅だ。

 東京の人からすれば「誰それ?」というほど知名度は低い。だが、大阪などでは「すち子」というキャラ(写真参照)で人気を集め、吉本新喜劇に途中入団ながら座長を務めるなど、先輩芸人からの信頼も厚い。そんな彼に、東京公演に向けた戦略を聞いた。

――「東京グランド花月」という舞台で座長を務める心境は?

「座長の小籔(千豊)さんと違って、僕は関東方面での知名度がないので『大丈夫ですか、僕で?』っていうのが正直な気持ちでしたね。でも、ここでヘンに東京に媚びたことをせずにいきたい。ほかのメンバーが媚びたら、絶対にイジってやろうと思います」

――小籔さんをはじめ、歴代の座長は有名な方が多いです。そんななかでの大抜擢。座長として新喜劇を引っ張っていく上で、ここが今までと違うという点は?

「先輩方がスゴすぎて、トークでは絶対に勝てない。だから、ここだったら勝てるという部分を探さなきゃとは思っています。僕が先輩とは違う点は、おそらくアホというところ。だから、後輩も緊張せずに舞台に立てる。よく笑うことは心掛けてますね。小籔さんのように『ついて来いよ!』タイプの座長もいるけど、行動力が敵わないから、真逆でもいいから『誰でもおいで』という座長になれたらなぁ、と。

――ところで、お笑い好きの女性も増えています。『東京グランド花月』でデートというのはアリなんでしょうか?

「アリですね。12月26日~29日というもクリスマスじゃないし、男の下心を隠せます。何より、お笑いというのはボディタッチに最適。『わはは、あれおもろいな!』と言いながら、横に座る女性の肩や手に触れても、セクハラにならない。やっぱりお笑いはガードが緩みますよね(笑)。あと、映画を観た後って映画の話で盛り上がりますけど、それほどキャッキャッ笑うシーンってないじゃないですか。でも、お笑いだったら一緒に笑うタイミングって多いと思うし、それを話し合うだけで会話が弾む。僕もけっこうシャイなんですけど、笑いながらだったら女のコとの距離を縮められる。テンションが上がっている女のコをいい感じの店に連れて行けば、そのあとは……。お笑いでどこまでいけるか、ぜひ試してみてください」

――座長になって年収もアップしたわけですよね。それなりに女性にモテるようになりました?

「年収は少しあがりましたが、モテるということはありませんね。年収も座長ボーナスだと思って、生活水準をあげないようにしています。ただ一つ、贅沢するようになったことといえば、風俗の60分コースを90分コースに変えたくらい。フリーで行くなんて金をドブに捨てるようなこともやめました。僕、風俗は『3万円以上は無し』と思うタイプなんです。高級ヘルスでもハズレはおるし、1万5000円のところでも当たりはあるじゃないですか。そう思ったら、3万円以上かける意味はないなって」

――風俗はお好きなんですね。

「僕がプロ好きなんで。意見が分かれるところですが、よく素人が好きという人がいますよね。客引きのおっさんも『未経験の女のコですよ』とか勧めてくる。僕はアホか、と思うわけです。何で素人に金払わなあかんねんと(笑)。芸人でいうたら初舞台やで。ネタ飛ぶかもしれんのに!」

(すると、おもむろに『東京グランド花月』の出演者チラシを見ながら)

「そう考えると、『東京グランド花月』を風俗店と想定すると面白い。将来に期待して新人を見にくるのもいいし、中堅だったら、ハズレはない。ベテランだったら“そんなことしますか!?”みたいな驚きがある。昔、ソープに行った人たちの感動話でよくあるのが、『生はあかんよ!』って言いたくなるくらい、スムーズにゴムをつけられたことがあるという話。『安心してください、付いてますよ』という(とにかく明るい安村の)ネタは、そこから来ているかもしれない(笑)。そのぐらいプロはスゴ技を持っているんです。一緒にしたら怒られますけど、風俗もお笑いも芸事。お金を払ってでもみたい、プロの技を見に来て欲しいですね」

須知裕雅■プロフィール■
すちまさひろ/1972年、大阪府摂津市出身。1996年よりビッキーズとして活動。2001年にABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞をはじめとする多くの賞を獲得。2007年のコンビ解散後、吉本新喜劇に入団。2013年、松浦真也とのコンビ「すち子&真也」で出場した『歌ネタ王決定戦2013』で優勝を果たす。2014年6月、座長就任公演をなんばグランド花月にて開催した

●「東京グランド花月」
期間:12/26(土)~29(火)
料金:前売¥6,000(1階席)¥5,000(2階席)
会場:池袋サンシャイン劇場
〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ文化会館4F
TEL.03-3987-5281 http://www.sunshine-theatre.co.jp
※おかげさまで好評につき、昼公演のチケットは完売致しました。
今後、チケットの追加発売がある場合は、オフィシャルHP(http://www.yoshimoto.co.jp/tgk/)などで発表させていただきます。
<取材・文/溝口元海 撮影/西田 航>

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中