ブーム本格化でクラフトビールは高級嗜好品に!?

バターや野菜の値段が上がったり、原油価格が下がったり。モノの値段は日々変動する。だが、安倍政権はインフレターゲット2%を目指していたはずなのに、デフレに戻るという予測も出ている。そんなご時世にニッチな需要から高騰しているものとは!? 直近5年のデータをもとに検証する。

◆ブーム本格化でクラフトビールは高級嗜好品に!?

ブーム本格化でクラフトビールは高級嗜好品に!?

味に影響を与えるホップの量。クラフトビールメーカーはほぼ100%、ホップを輸入に頼る

 多様な銘柄が登場してブームが加熱するクラフトビール。中でもIPA(インディアン・ペールエール)は、深いコクと強い苦みが人気でブームをけん引する存在だ。しかし、IPA人気が業界で問題になりつつあると、国内のクラフトビールメーカー関係者は言う。

「IPAは本場アメリカでも生産量が増えて人気。ところがそのせいで原料のホップが品薄で値段が高騰しています。IPA一杯当たりのホップ使用量は、通常のビールの4倍程度あるのが理由です」

◆高騰の裏に原料の奪い合いあり

 香りが強いなど、IPAに適したアメリカ産のホップは日本のクラフトビールメーカーには必要不可欠。それが入手できなければ、クラフトビールの幅は大きく狭まってしまうという。

「IPA向けホップはこの3年で30~50%も値上がりしました。米国のクラフトビール市場も10年で2倍に成長し、ビール消費量全体の11%近くを占めるようになっています。世界的ブームを考えれば、クラフトビールの価格高騰は避けられないでしょう」

取材・文・撮影/岡野孝次 斎藤武宏 高島昌俊 取材/小山田裕哉 古澤誠一郎
― 局地的[高騰商品] ―

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中