『ラーメン大好き小泉さん』に登場したパイナップルラーメンを食べに行こう!

今、グルメマンガが熱い。ウマい店を訪ねて食べる系から実際に作る、取り寄せるetc.とテーマも細分化している。となれば、実際に食べてみたくなるのも当然。あの味はいかに……!? 店探訪系マンガで紹介された店で実食してきた!

店名は出てないがこの店がモデル?


あの[マンガ飯]を実際に食べてみた1

「パイナップル海老塩ラーメン」(970円・税込み)

 ラーメン好きの美人女子高生が名店を食べ歩く『ラーメン大好き小泉さん』。作中では店名こそ出ないものの、実在するラーメン店がモデル。というわけで、実際に登場する店を訪れてみた。

 ラーメン二郎や一蘭など有名店も多数登場するが、“変わり種”ということで1巻第6話で、主人公・小泉さんのクラスメートの委員長が、ラーメンへの苦手意識を克服したラーメン店のモデルであろうパイナップルラーメン専門店「パパパパパイン」を訪問。

 さっそく「パイナップル海老塩ラーメン」(970円・税込み)を注文。出てきたラーメンにはドーンとパイナップルが載っている。恐る恐る食べてみると、作中でも描かれているとおり「意外とおいしい」。パインの酸味や甘みが塩味スープにマッチして、さわやかで後味のいいラーメンだった。これなら眼鏡が真っ白に曇るためにラーメンが苦手になった委員長も箸が進んでしまうのもわかる!

 ラーメン嫌いのみならず、ラーメンへの先入観を破壊したい人にもオススメだ。

【パパパパパイン】
 パイナップルの酸味と海老の香りが食欲をそそる。パインに含まれる酵素の働きでチャーシューも柔らかく仕上がっているのだとか。インパクトの割に普通においしい一杯

●『ラーメン大好き小泉さん』鳴見なる/竹書房
 美人女子高生でラーメンが大好きという転校生・小泉さんを主人公に、彼女の日々をクラスメートたちの視点で描く。作中には実在するラーメン店が名前を出さずに毎回登場。美少女らしからぬバキューム力で麺をすする小泉さんは男前!さらに小泉さんの語るラーメンのうんちくも勉強になる

『ラーメン大好き小泉さん』鳴見なる竹書房

『ラーメン大好き小泉さん』鳴見なる竹書房

― あの[マンガ飯]を実際に食べてみた ―

ラーメン大好き小泉さん

時も場所も選ばず、ひたすらストイックに、ラーメンを求めるその姿は見るものすべてを魅了する! さて、そんな彼女が食い倒れの都で出会うラーメンとは――

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中