変わり種「おでん」カマンベールチーズを実食

 今、グルメマンガが熱い。胃の弱い『胃弱メシ』の主人公・伊賀洋太が、1巻第11話で例のごとく食が進まず楽しむこともできなかった忘年会帰りに立ち寄ったのが、四ツ谷駅近くに店を構えて23年目の「おでんやden」。これからの時期にピッタリということで、いざ。店主の佐藤真一さんが、「脱サラして独学で研究した」と言うダシは、築地の和田久の鰹節と吹田商店の昆布がベース。店内に入った主人公、洋太はダシの香りにホッとしていたが、その気持ちがよくわかる。

「種はいろいろありますが、今は旬を迎えた里芋がオススメです。ウチは埼玉の里芋を使っていますが、サイズが大きくて、非常にネットリしているんですよ。いろいろ試してみましたが、ウチのおでんには埼玉産がいちばんです」(※取材時)

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた3

おでんやden

 店主イチオシの里芋は、箸でスッと切れるほど柔らかく煮込まれており、里芋本来のうま味が堪能できる逸品。やさしい味わいのダシとの相性もバッチリだ。里芋のほかに、『胃弱メシ』に登場した大根、たまご、蛸も味が染みており、期待を裏切らないウマさだが、ぜひ試してもらいたいのが、変わり種に並ぶ“カマンベール”だ。

「理系の大学に進んだこともあり、もともと研究好きで(笑)。それでいろいろな変わり種が誕生したのですが、チーズはお客さんにお願いされて作りました。複数の種類のチーズで試食してみた結果、どれもおいしかったんですが、カマンベールだとダシが濁らなくて」

 ダシの中でしばらく温めてトロッと溶けたカマンベールを、ダシとともにいただく。すると、あっさりしたダシとチーズのコクが相まって絶妙な味わいが楽しめる。

 熱々のおでんとお酒を堪能したら、〆も胃にやさしいものを頼みたい。今回は洋太と同じく「だし煮めん」をオーダー。

「揖保乃糸におぼろ昆布を載せて、ダシをたっぷりかけています。とろろ昆布よりも、昆布の味をより強く感じてもらえると思います」

 おぼろ昆布で香りの増したダシを味わいながら、揖保乃糸をすする充足感はここでしか味わえない。胃弱じゃなくても食べたい逸品だ。

【おでんやden】
東京都新宿区四谷1-8 中川ビルB1 TEL03-5379-8573 月~金18:00~翌1:00

●『胃弱メシ』マキゾウ/KADOKAWA
生まれつき胃の弱いフリーデザイナーの伊賀洋太が、胃にやさしくておいしい食事を求めて外食したり、自炊をしたりするミックス系グルメマンガ。おでんやdenをはじめたとした実在の店が登場するほか、洋太による食材の効用のうんちくが満載。巻中では胃腸薬開発者のインタビューも読める

あの[マンガ飯]を実際に食べてみた3

『胃弱メシ』マキゾウ KADOKAWA

― あの[マンガ飯]を実際に食べてみた ―

胃弱メシ

読み物サイト「みんなのごはん」で1記事10万PVを誇る人気連載が待望の書籍化

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中